+13392
国内外の旅と株投資+その他のBlog。各国の旅や株関係の記事は「メイン目次」や「カテゴリ」、「検索」からどうぞ。

by mlsenyou
 
クチトンネル
クチトンネル半日ツアーに行った。
ベトナムに入ってからツアー参加はこれで三度目になるのだろうか。シンカフェの存在を知ってから、すっかり頼り切ってしまっている。
それまでの自己流の方が、しょうもないハプニングが多くて楽しかった気もするが、何と言ってもシンカフェは安くて楽で便利だ。
「人間は楽な方へ逃げてしまうもの…」と一般論かどうかすら怪しい言い訳を自分自身にして、今回も参加してしまった。

バスに揺られてクチへ向かう。今回のバスは各国の人たちが混在しているが、中には日本人もちらほらと見える。
先の中国とは違い、ベトナムに入ってからはやたらと日本旅行者に会っている気がする。きっとそれはこの国がとても旅しやすいからなのだろう。英語が通じるというのはやはり大きい。

クチに着いた。
ここではベトナム戦争時のトラップや道具が飾られていた。どれもハマったら相当辛そうな道具だ。中でも落とし穴のトラップは種類が豊富だった。
…味方が掘った場所に落ちることはなかったのだろうか。自分だったらウッカリ落ちてしまうかもしれない。
そう考えると首筋がムズムズしてくる。痛そうな話はあまり得意ではない。

その後、トンネルに入ることになった。
トンネルの中は非常に狭かった。
私は身長175cmだが、格別大きいといえないようなこの体でも、座りながら歩かなければ進めないくらい狭い。
カーネル・サンダースっぽい、いかにもアメリカンな体格をした白人男性は、トンネルに入りたくても体を入れることすらできなかった。

…そういえば、阪神がしばらく優勝できなかった時、「カーネル・サンダースの呪い」なる都市伝説が流れたことがあったらしい。
80年代の阪神優勝時、どさくさに紛れてケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダース人形が道頓堀に放り込まれてしまい、そのため、阪神は優勝できなくなってしまったという話だ。
それ以降、一部の店ではカーネル・サンダース人形に「わて、泳げまへんねん」という張り紙がされたこともあったらしい。
ちなみにアメリカンの例えでカーネル・サンダースを出しているが、彼が何人なのかは知らない。

…話を戻す。
中は狭いだけではない。息苦しい。狭く長いトンネルだから途中は酸欠になりやすいのだろう。
また、今は観光用の明かりが点いているが、当時は暗かったはず。
ベトナム兵は戦争中、アリの巣のようなこのトンネルの中でアメリカ兵と戦っていた。この中を何年間も潜り続けていたとは…ベトナム戦争の勝利はまさに自国に対する誇りと根性によるものが大きかったのだろう。

トンネルを出てきた時、ほとんどの人が汗まみれになっていた。
翌日の筋肉痛が怖かった。

うっかり写真も送れないぜ。(ホーチミンシティ)
ベトナム・目次
b0007425_22102262.jpg

戦争当時、トンネルは木の葉で隠されていた。
[PR]
by mlsenyou | 2004-11-07 22:32 | ベトナム | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mlsenyou.exblog.jp/tb/883507
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< うっかり写真も送れないぜ。(ホ... イラクの事件 >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索
フォロー中のブログ
目次、リンク、プロフィール
エキサイトブログ以外のHP、Blogのリンク

橙色の豚・メイン目次


クリックで救える命がある。


プロフィール
1976年の早生まれ
埼玉県出身。
3年半リーマン生活の後、半年間、中国+東南アジア10カ国を旅する。
最新のコメント
 在ベトナム大使館の記事..
by ジェフ35 at 21:12
とても魅力的な記事でした..
by 株の初心者 at 17:25
なんというか面白い国です..
by 川村明宏 at 01:04
ちょくちょく拝見させてい..
by サトシ at 20:31
あの軍人が言っていたこと..
by mlsenyou at 10:40
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク