+13392
国内外の旅と株投資+その他のBlog。各国の旅や株関係の記事は「メイン目次」や「カテゴリ」、「検索」からどうぞ。

by mlsenyou
 
国境越えの日3~アホい稲妻~(ラオカイ~ハノイ間)
♪君の態度が変わったと「○○」と叫ぶしぐさで気づく…♪(byベトナム人乗客)

少年に見送られてラオカイの街を出発。バスは徐々にスピードをあげて未舗装の道を駆け抜けていく。

豊富な緑と赤土色の道、水田ののどかな様子。国境を越えてからそれほど離れていないのに、見える景色はもうまったく変わっている。
新しい景色に次第に目が慣れていき、余裕ができてきたので、今後のことを考えることにした。
わずかに体調の変化を感じる。
…中国はガイドブックを見なくても大まかな地図を頼りに何とかやって来れた。
しかし、ベトナムは何も分からない。
何か仕入れる必要があるかもしれないな…そう思っている時だった。

バス乗車30分後、雷雲発生。

初めは遠くから弱く、ゆっくりゆっくりと。そして次第に勢力を強め、大きな雷音が近づいてくる。

腹が痛い。

どうやら河口で食べた最後の中国料理、四川系麻婆豆腐があたったようだ。
四川料理は辛さで有名だ。現地のマクドナルドのハンバーガーには辛子がついてくるというほど辛さにこだわる。
円卓に出された多めの麻婆。あれを食べきるのは確かにつらかった。
しかし、なぜ今?こんなタイミングで?
たぶん途中休憩はあと3時間くらい先だろう。残り2時間半、この腹痛に耐え切れるだろうか。

脂汗を流しながら、行きかう風景に早送りを命じる。もはや目の焦点はあっていない。
雷音は間髪入れずに鳴り響くようになり、その度に鋭い電撃が体を貫く。

♪蒼い稲妻が 僕をせめる ココロ カラダ 焼き尽くす~♪

なぜかSMAPの「蒼い稲妻」が頭の中に流れてくる。
確かにその場にあった歌詞だが…ポップすぎるぞ。俺の頭。

♪ゲッチュ♪

俺の中のポップな部分、だまれ。

せっぱつまっているはずなのに、心のどこかで「これはネタになる」と喜んでいる自分がいる。確か沢木耕太郎も同じようなことを言っていたような…

エンドレスで流れるSMAPを背景に、限界が近づいた私は必死にベトナム語を調べ始めた。

「Phong ve sinh(フォンベーシン、意味:トイレ)」

もう休憩地まで待ってなんかいられない。
近場の家でトイレを借りるつもりで、運転手にジェスチャーを交え「フォンベーシン」を連発した。

必死になった時、言葉は国境を越えるのかもしれない。
運転手は明らかにベトナム語を話していたが、「すぐ探すからちょっと待て、まあ落ち着け」と言っているのが伝わってきた。
何事か?とざわつく乗客。
運転手がバスを停める数分の間がまるで永遠の時間のように感じた。

バスを停め、運転手が指差した場所は、道路脇の深い溝だった。
「ここでしろ」
運転手はそういって私を降ろすと、バスを溝から見えない位置まで動かした。

私はすぐに降りて、野○○をたれる。激辛四川に肛門が痛い。外でたれる開放感と稲妻からの解放感。そしてすべてを出し切ったことの脱力感。元気玉を放った後の悟空の気持ちが少しだけ分かる。
戦いを終えた私が戻ると、そこには乗客の大爆笑が待っていた。

野○○をした変な日本人。

彼らは親切で、腹痛の余韻が残る私にしきりに話しかけ、食事や酒をおごってくれた。
私は腹痛を堪え、彼らの親切に必死に応えた。そして思った。
「その親切…今だけは許してくれ…」
ある意味これも稲妻だった。

ベトナム初日の強烈な出来事。
この日、学んだこと。
1.遠出の日は辛いものは控える
2.良くも悪くもバスは強烈
3.Phong ve sinh
後のことになるが、ここで学んだはずの教訓を、ラオス~タイ国境でまた繰り返すことになる…

サトウキビの幸せ(ハノイ)
ベトナム・目次
[PR]
by mlsenyou | 2004-08-12 13:23 | ベトナム | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://mlsenyou.exblog.jp/tb/67916
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by woo at 2007-08-14 16:36 x
笑いと尊敬がもつれあっています、あなた様の力強さを感じています。
私も旅に出たい。
<< 上海へ…1~上海到着~ 国境越えの日2~新しい国~(河... >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索
フォロー中のブログ
目次、リンク、プロフィール
エキサイトブログ以外のHP、Blogのリンク

橙色の豚・メイン目次


クリックで救える命がある。


プロフィール
1976年の早生まれ
埼玉県出身。
3年半リーマン生活の後、半年間、中国+東南アジア10カ国を旅する。
最新のコメント
 在ベトナム大使館の記事..
by ジェフ35 at 21:12
とても魅力的な記事でした..
by 株の初心者 at 17:25
なんというか面白い国です..
by 川村明宏 at 01:04
ちょくちょく拝見させてい..
by サトシ at 20:31
あの軍人が言っていたこと..
by mlsenyou at 10:40
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク