+13392
国内外の旅と株投資+その他のBlog。各国の旅や株関係の記事は「メイン目次」や「カテゴリ」、「検索」からどうぞ。

by mlsenyou
 
国境越えの日1~四川系麻婆豆腐~(河口)
国境を徒歩で越え、いよいよ次の国ベトナムに入る時がきた。
ここは中国最後の街、河口。橋を越えればその先はベトナムだ。
ふと見渡せば、この街にもすでに見慣れぬベトナム語の看板が見られる。

中国には三週間滞在した。
それは長いようで非常に短い期間だった。
ずいぶん長距離を移動したつもりだったが、まだまだ見ていない場所は多い。
この国の広さを考えてみれば三週間でまわれないのは当たり前のことなのだが…

しかし、この国は多くにおいて強烈だった。
入国5分後に目撃した交通事故。クルマ第一、人はその次というルール。
Helloが通じない人々、話すときによく舌打ちをする人々。
投げ捨てられたミカンの皮でまだらなオレンジ色にそまっている道路。
手塚治虫の未来都市と見間違うようなマンガデザインをしている上海の建物。
無愛想な表面と内に秘められた暖かい人柄。
この国は初めての海外放浪で、最初の国として選ぶにはヘビーだったのかもしれない。
しかし、この国の濃さに慣れてきた今、もうどこの国に行っても大丈夫な気がする。

…いずれ分かることになるのだが、慣れたと思っていたのが、最後のどでかいミスだった。

中国沿海部は宿代が高い。一日の費用の大半は宿に消えていく。
そのため、その他の費用、主に食費を削れるだけ削り旅を続けてきた。
慣れは恐ろしいもので、その習慣は内陸部に入っても変わることはなかった。
格段に安くなった宿にいながら食費は一日10元(当時1元=約15円)を超えることはなく、一日2~5元という日も珍しくはなかった。
食の中国で食べた高価な食材は、最初の上海で食べたカニ。それくらいだろうか。
いくら倹約の必要性があるといってもそれではあまりに寂しすぎる。
最後に自分にご褒美をあげよう。
そう思い、最後の街、河口で「久しぶりに」食堂に入った。

食堂に入りメニューをみる。漢字からなかなか意味をつかめない。
とりあえず、理解できる麻婆豆腐とその他適当な料理を、残りの元を使い切るように注文した。
四川系麻婆豆腐を…食堂で…

出されて見てみてハイびっくり。量が多い。
それもそのはず、中国の食堂は大勢が円卓を囲み少しずつ料理をつまむスタイルが典型だからだ。
一品の量が多いのは当然といえば当然だ。長いこと屋台生活を続けていたので、そんなスタイルなどすっかり忘れていた。

結局、麻婆豆腐とトウモロコシ炒め、その他を何とか食べきったのだが、ふと見上げてみると、周りの人が「よく食うな~」と言わんばかりに見ていた。
中国に慣れたつもりだった自分は料理に全く慣れていなかった。
そして、それは後々の災難につながる。

国境越えの日2~新しい国~(河口、ラオカイ)
中国・目次
b0007425_2394487.jpg

中国国境。
中国はデタラメなことの連続だったが、かなり面白かった。
[PR]
by mlsenyou | 2004-08-10 19:24 | 中国 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mlsenyou.exblog.jp/tb/60686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 国境越えの日2~新しい国~(河... 橙色の豚・リンクのページ >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
検索
フォロー中のブログ
目次、リンク、プロフィール
エキサイトブログ以外のHP、Blogのリンク

橙色の豚・メイン目次


クリックで救える命がある。


プロフィール
1976年の早生まれ
埼玉県出身。
3年半リーマン生活の後、半年間、中国+東南アジア10カ国を旅する。
最新のコメント
 在ベトナム大使館の記事..
by ジェフ35 at 21:12
とても魅力的な記事でした..
by 株の初心者 at 17:25
なんというか面白い国です..
by 川村明宏 at 01:04
ちょくちょく拝見させてい..
by サトシ at 20:31
あの軍人が言っていたこと..
by mlsenyou at 10:40
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク