+13392
国内外の旅と株投資+その他のBlog。各国の旅や株関係の記事は「メイン目次」や「カテゴリ」、「検索」からどうぞ。

by mlsenyou
 
インドネシア初日(ジャカルタ)
シンガポールで数日間過ごし、港から船でバタム島を経由してジャカルタに入った。

バタム島はシンガポール政府とインドネシア政府が共同開発しているリゾート島で、ネットや本、口コミから集めた情報では、ここからジャカルタ行きの船が出ているらしいとのことだった。

しかし、実際に行ってみると、港の親父いわく「ジャカルタ行きの船は数日後に出発だよ。何日かは分からないよ、あははっ」とのこと。サメ的旅行者をしている自分にとって、通過地点に数日滞在は耐えられない。数日間の滞在費と飛行機代を天秤にかけたら、飛行機に乗るべきだろう。
仕方なく飛行機でジャカルタに行くことになった。安く行こうとしたのに、とんだ出費だ!

ラウンジで飛行機を待っていると、チェックイン済みなのに何故か搭乗時間に遅れてしまった親父が血相を変えて走りこみ、そのまま間違った方向へ走り去っていった。その後を空港関係者が急いで追いかけて行くが、しばらく追いかけっこは続く…結局彼は自分の乗る飛行機の真下まで行ってしまい、車輪の側でキョロキョロしていた。待合室にいた人全員が大爆笑!

飛行機はジャカルタに着いた。

安宿を探していると「よお、日本人!」という声が。
「三日間オリのある部屋に入ってた」と言う三人連れの日本人に会った。彼らは薬物不法所持で捕まっていたらしい。バイヤーにパクられたそうだ。

「飯食いに行こうぜ」

彼らが誘ってきた。
腹も減っていたし断る理由もないので一緒に歩くことにしたが、次の瞬間、彼らは…道の端でバイヤーと何事か交渉していた。
出所したばかりなのに、いきなりかよ!

バイヤーから買い終えた後、彼らはそれらを宿の部屋へ持ち帰ると言い出した。
嫌な予感がする。
予感的中。
宿に戻る際、後ろを見るとバイヤーが隠れながら後をつけていた。
この三人組は後をつけられている事に気付いていない。つい最近この手口でやられたはずなのに…
ダメだ、こいつら。
三人そろって致命的な不注意人間であることが判明。
災難に巻き込まれてはたまらないので、すぐに別れ単独行動をとることにした。

泊まった部屋で、いつものごとく寝苦しい夜。
深夜、やけに体が痒いな~と思っていたら南京虫発生。小指の爪の半分くらいの吸血虫で、この旅を始めて三ヶ月と20日、とうとう遭遇。一匹いたら何万匹もいると思え、という虫だ。
ついに出たな~こんちくしょう!と思い駆除している最中、ふと頭にラオスの宿の情報ノートの一文が浮かんできた。
「○○さんへ。私も見ましたよ!白人のゴースト(笑)」
南京虫よりもゴーストの方が直接の被害がなくていいなと思いながら駆除を続ける。幸い南京虫は二匹だけで、あとは蚊だった。

これでようやく眠れると思い、ベッドに入るとすぐに笛の音が。どうやらモスクから流れる早朝の儀式らしい(たぶんコーランの呼びかけ)

という感じで、マレーシア、シンガポールに滞在し、平和ボケしかかっていた脳みそに喝を入れられたインドネシアの初日は過ぎていった。これからまた激しい日常が戻ってくる予感がする。
ちなみにこの日の大きな料金交渉は一勝(タクシー)一敗(飛行機代)だった。

苦手な空の色
インドネシア編
b0007425_2431389.jpg

ジャカルタは都会だった。
[PR]
by mlsenyou | 2005-03-29 01:17 | インドネシア | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://mlsenyou.exblog.jp/tb/49580
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by notra008 at 2005-03-29 23:37
この記事 以前読んだことあるような気がしますが、書き直されたんですか?
それと なんという偶然。ちょうどさっき自分のブログでモナスからの眺めの写真を追加したところでした。しかも全く同じ構図!
南京虫のうわさは オーストラリアでも聞きましたが、いちども被害に遭わなかったです。そもそも僕は蚊にも刺されにくい体質のようですし。
Commented by mlsenyou at 2005-03-30 10:37
はい、少し書き直しました。以前のも読んでくれてたんですね。ありがとうございます。
同じ構図ですか。面白いなあ。後で見させてもらいますね。
日本では私もあまり蚊にはさされないんですが、こっちでは天敵でした。蚊や南京虫のいる部屋に泊まるくらいなら、幽霊の出る部屋の方が本当にマシなくらい(笑)
Commented by じゅんこ at 2005-03-31 20:59 x
それ、ほんと?

こちらでは、Happy Mediumという番組があって、
幽霊の伝言をNHKのポップジャムみたいなホールで
伝えてくれるんですよ。
冗談も混じっていて、司会者(medium霊媒師)も感じのいい人なのでつい見てしまいます。

よく遊びに来ています。どんどん面白くなりますね。
妹も、こんなコアな旅行してる人って、誰?!と言っていました。
Commented by mlsenyou at 2005-04-01 14:23
変わった番組ですね。日本でやるとしたら「恐山Now!」みたいなタイトルになりそう(笑)
蚊は本当に大変でした。特にベトナム、カンボジア辺りが。
Commented by gonta_i at 2005-10-20 10:41
通りすがりの者です。
バタム島→ジャカルタはとても賢い選択だと思います。
シンガポール→ジャカルタは国際線なので、飛行機は2~3倍の値段します。バタムとシンガポールは目と鼻の先の距離ですのにね。
Commented by mlsenyou at 2005-10-20 22:31
>gonta_iさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
なるべく安い値段での移動を考えたら、こんなルートになりました。本当はバタム→ジャカルタを船で行きたかったんですけどね(^^;)
国際線と国内線はたしょう意識してましたが、飛行機の乗り方そのものがあまり良く分かっていないので、 gonta_iさんの値段の話を聞いてビックリしています。安く済んでよかった(笑)
Commented by gonta_i at 2005-10-21 21:57
ご返事のコメントありがとうございます。
旅行記のほう、楽しく読ませていただきました。訪問国ごとのはじめに目次が付されていたりと、読みやすく工夫されていて感銘を受けました。リンクを張らせていただいたので、またちょくちょく訪れようと思います。
それでは、失礼します。
Commented by mlsenyou at 2005-10-21 23:47
>gonta_iさん
ありがとうございます。
こちらも先日リンクを張らせて頂きました。
今後ともよろしくお願いします。
<< 苦手な空の色(ジャカルタ) シンガポールの旅路・目次 >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索
フォロー中のブログ
目次、リンク、プロフィール
エキサイトブログ以外のHP、Blogのリンク

橙色の豚・メイン目次


クリックで救える命がある。


プロフィール
1976年の早生まれ
埼玉県出身。
3年半リーマン生活の後、半年間、中国+東南アジア10カ国を旅する。
最新のコメント
 在ベトナム大使館の記事..
by ジェフ35 at 21:12
とても魅力的な記事でした..
by 株の初心者 at 17:25
なんというか面白い国です..
by 川村明宏 at 01:04
ちょくちょく拝見させてい..
by サトシ at 20:31
あの軍人が言っていたこと..
by mlsenyou at 10:40
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク