+13392
国内外の旅と株投資+その他のBlog。各国の旅や株関係の記事は「メイン目次」や「カテゴリ」、「検索」からどうぞ。

by mlsenyou
 
大敗北3(ハノイ)
「20」は20,000ドンではなく、20ドルだった。およそ15倍の金額。
そりゃ、相手も目の色を変えて真剣になるってもんだ。そのままバイタクでフエまで行ったってまだその方が安いかもしれない。
普段なら、そのことに気づいて半ば喧嘩腰になって交渉をし直していただろう。場合によってはそこまでの妥当な値段を払って交渉を打ち切っていたかもしれない。
しかし「何が何でも今日中にフエ!」と決め込み、さらにバイタクの態度に感動してしまった私は、この時、完全に金銭感覚が壊れていた。
そこで、20ドルを払う。
この後、催眠術をかけられたように気前が良くなる。

バイタクはまた走り始め、フエ行きのバスを再び追いかけ始めた。
しばらくして「いいか、俺にあと20ドルくれれば、絶対あのバスに乗せてやる」と言い始めた。
何とかしてフエ行きのバスに乗ろうと思っている私の頭の中では、このバイタクは完全に良い奴になってしまっている。
ここまで来て払わないわけないだろう、払うぜ!と言わんばかりに20ドル追加すると、バイタクはさらにスピードを上げた。

そのまま走り続けると、またバイタクが話しかけた。
「もうすぐフエ行きのバスに乗れる。あと少し払ってくれないか」
よし来た!頼むぜ!

しばらくすると、別のバスターミナルが見えてきた。
バイタクはそのバスターミナルに入り、フエ行きのバスを探した。
バスはようやく見つかった。
我々は抱きあって喜び、ガッチリと握手をした。
バイタクは「これでもう大丈夫だ。気をつけて、良い旅をしろよ」と言い、手を振りながら大喜びで去っていった。

何て良い奴なんだ…
その後、フエ行きのバスと交渉しながら自分の財布を覗いてみると、金が大幅に減っている。
だんだんと冷静さを取り戻してきたが、その時すでに遅し。
何とバイタクに60ドル近く払ってしまっていた。ドミトリーに3週間くらい泊まれる額だ。勝利の後の大敗北。バイタクの相手は違えども、肉を切らせて骨を断たれたような感じだ。

…こんなところで竹の子はぎに遭うとは。
バイタクと別れた数分後、バスの座席で私は激しく落ち込んでいた。

宴会(ハノイ)
ベトナム・目次
[PR]
by mlsenyou | 2004-10-05 10:29 | ベトナム | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mlsenyou.exblog.jp/tb/441056
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 宴会(ハノイ) 大敗北2(ハノイ) >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索
フォロー中のブログ
目次、リンク、プロフィール
エキサイトブログ以外のHP、Blogのリンク

橙色の豚・メイン目次


クリックで救える命がある。


プロフィール
1976年の早生まれ
埼玉県出身。
3年半リーマン生活の後、半年間、中国+東南アジア10カ国を旅する。
最新のコメント
 在ベトナム大使館の記事..
by ジェフ35 at 21:12
とても魅力的な記事でした..
by 株の初心者 at 17:25
なんというか面白い国です..
by 川村明宏 at 01:04
ちょくちょく拝見させてい..
by サトシ at 20:31
あの軍人が言っていたこと..
by mlsenyou at 10:40
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク