+13392
国内外の旅と株投資+その他のBlog。各国の旅や株関係の記事は「メイン目次」や「カテゴリ」、「検索」からどうぞ。

by mlsenyou
 
ひめゆりの塔
空港からレンタカー屋のバスで那覇市街に向かう。
何気にカーナビっちゅうのは初めて使う。見たことはあるが使ったことはなかったので、ちゃんと使えるか心配だった。
ドキドキしながらカーナビをいじる。

動いた・・・

無事に第一関門を突破した。
型が古いのか、タッチパネルの反応があまり良くないうえ、新しい道をフォローしていないので道なき場所を地図を目安に走ることになったが、それでもカーナビっちゅうもんの便利さを実感できた旅になったのであった。

まず、初めに向かうことにしたのが、ひめゆりの塔。
レンタカー屋から向かう途中の道が空いていてとても快適だ。
糸満市は渋滞ばかりの東京の道と比べるとはるかに走りやすい。
早くも沖縄の良さを実感する(那覇市はかなり混雑しているが)。

ひめゆりの塔に着いた。
正直言って、ひめゆりの塔のことはざっくりとしか知らなかった。
たくさんの女子学生が集団自決したというくらい。
塔…というか記念碑を見てから資料館に入った。

b0007425_18452888.jpg


なんというか…たくさんの被害にあった場所だけに、通常の観光地の感覚で写真を撮る気にはなれなかった。
なので、ひめゆりに関しては入ってすぐ何も考えずに撮ったこの写真だけ。

資料館は、比較的最近リニューアルしたそうで、内部の資料がとても充実していた。
女子学生が日常の学校生活から、事情をよく知らずに駆り出され、地獄のような日々を送ったこと。
また、大事なものを持っていくようにと言われ、硯を持っていった子もいたということが非常に印象的だった。この子はすぐに戻れるものと信じていたのだろう。残念ながら亡くなってしまったのだが。
アメリカ軍が残していた映像もすさまじいものだった。
戦艦から地形が変わるほどの砲撃を受け、火炎放射器でサトウキビ畑ごと焼き払われた沖縄。そして被害者の遺影。
かつてベトナムの戦争証跡博物館カンボジアのトゥールスレン博物館で見たような地獄の風景を同時に思い出してしまった。
非常時には異常が通常になる。
当時の人たちのことを思えば、今の自分の悩みなど本当にちっぽけなものに過ぎない。

そう思ったのだが、それにしても、元気を取り戻すために来た初っ端でひめゆりの塔はかなりショッキングだった。
資料館を出たときは何もしゃべりたくなくなるくらい気分が落ちたが、その後、腹が減っているのに気づき、自分が平和な世の中に生きていることを実感した。
先人がいたから今の自分がいる。
感謝を忘れちゃいかんな。
タコライスとソーキソバセットを食べながらしみじみ思ったのだった。


斎場御嶽、ニライカナイ橋
沖縄・目次
[PR]
by mlsenyou | 2011-12-28 18:47 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mlsenyou.exblog.jp/tb/17479403
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 斎場御嶽、ニライカナイ橋 沖縄到着 >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
検索
フォロー中のブログ
目次、リンク、プロフィール
エキサイトブログ以外のHP、Blogのリンク

橙色の豚・メイン目次


クリックで救える命がある。


プロフィール
1976年の早生まれ
埼玉県出身。
3年半リーマン生活の後、半年間、中国+東南アジア10カ国を旅する。
最新のコメント
 在ベトナム大使館の記事..
by ジェフ35 at 21:12
とても魅力的な記事でした..
by 株の初心者 at 17:25
なんというか面白い国です..
by 川村明宏 at 01:04
ちょくちょく拝見させてい..
by サトシ at 20:31
あの軍人が言っていたこと..
by mlsenyou at 10:40
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク