人気ブログランキング |

+13392
国内外の旅と株投資+その他のBlog。各国の旅や株関係の記事は「メイン目次」や「カテゴリ」、「検索」からどうぞ。

by mlsenyou
 
花はす広場とらんざんラベンダーまつり
花の似合う中年になりたいと思う今日この頃です。

坂戸で10時からの用事を済ました後、午後2時半まで時間が空いてしまったので、埼玉を探索することにしました。
地元ながら、私はあまり埼玉の事を知りません。こういうのが多いから「翔んで埼玉」が県民受けしたのだろうか…
b0007425_12244410.jpg
まずは、今が見ごろと言われていた毛呂山町にある花はす広場に行くことに。ここは使われなくなったプールを利用して蓮を育てているようです。
b0007425_12250018.jpg
ちょっとだけ行くのが早かったかも…
咲いているには咲いていましたが、もう少し待てばもっとたくさん花が見れたかなと思いました。
b0007425_12250568.jpg
プール跡地を利用しているので、当然ながらプール感が強いです。
滑り台もそのままだし、建物には「更衣室」の表示もそのまま残っています。
人類が滅んだ後のプールはこうなっているのでしょうか。滅びるときには、せめてプールの排水口の栓を閉めましょう。次の新しい命のゆりかごになるかもしれません(?)
b0007425_12251025.jpg
そんなに広いわけでもなかったので、すぐに見ることが出来ました。有志のボランティアで行っているということなので、素晴らしい試みだと思います。
強いて言えば、あまり蓮の咲いていないプールなんかに魚を入れておけば、新しい魅力につながるのではないかなと思いました。コケを食べて育つ種ならエサをあげる必要もなさそうだし。今はオタマジャクシの巣になっています。

b0007425_12251646.jpg
その後、毛呂山から越生を通り抜け、嵐山。
らんざんラベンダーまつりの会場に到着。iPhoneの古い曲を聴きながら越生の街並みを運転していると、何となくノスタルジックというのでしょうか、そんな気持ちになりました。
b0007425_12252445.jpg
当然予想していた通りですが、ラベンダーまつりも花はす広場も、自分より若干年配の方が多く、同年代といえば主婦!ある意味、私も主夫!家事育児なら何でもイケます!ある意味、妻の言いなりです…
b0007425_12252971.jpg
そんな、できる主夫自慢と恐妻家のボヤキをさりげなく入れつつ、入園料を払ってラベンダー会場に入りました。
b0007425_12253363.jpg
中年臭を忘れるくらい、ラベンダーの香りに包まれました。1歳の娘を保育園休ませて一緒に連れてきたかった。
b0007425_12253736.jpg
さらに、花の似合う中年は、ラベンダー摘み体験に参加したくなるもの。パンフレットをもらった時点でお花摘みをする気まんまんでした。
ミツバチ野郎と花の蜜を奪い合いながらお花をハサミでぶった切ります。
嘘です。
ミツバチさんと戯れながら「あら~、このお花かわいいわ♪ミツバチさん、ごめんなさいね、先にお花を摘ませてもらうわ。ごめんねラベンダーさん」と優しく昆虫と植物に話しかけながら、お花をハサミでぶった切ります。
嘘です。
ドライフラワーに適した花のレクチャーを受けたので、いろんな花を真剣に見極めながら黙々と摘んでいきます。ある意味職人的な雰囲気です。こういう地道な作業は好きなので、淡々とやっているようでかなり楽しみながらできました。
そんな感じで職人化した私でしたが、作業中ちょっとだけホッコリして表情が緩んだのが、自分が集めたラベンダーの束にミツバチが蜜を吸いに来てくれたこと。なんか嬉しかったですね。
ただ、ハサミを持っているのと、ミツバチがいること、抱っこしながら花摘みはムリ…という事で、娘を連れてこなかったのは正解でした。そもそも用事の合間なので、保育園を休ませること自体できませんが。
この花束をドライフラワーにして、感受性のない妻にプレゼントしようと思います。帰りの車の中がいい匂いでした。
b0007425_12255033.jpg

出店が何店か出ていたので、ロシアのピロシキ屋さんで昼食を買いました。
大学の第二外国語がロシア語だったので、ピロシキをもらうときに「スパシーバ(ありがとう)」と言ったら、ロシア人女性がビックリしたような嬉しそうな顔をして「スパシーバ、なんだらなんだらドーブルィ(?)ジエニ」と言っていました。ナチュナルすぎてほとんど聞き取れませんでしたが、たぶん、「ありがとう、良い日をお過ごしください」的なことを言ったんだろうと思うことにしました。
外国人との久々のコミュニケーションでウキウキしながら、ピロシキと一緒に買ったラズベリースムージーを飲んでいたら、前歯の薄くなったところでウッカリラズベリーの種をかんでしまい、歯が欠けたような感じがしました。
さすが俺。いつもながら最後がしまらない。


# by mlsenyou | 2019-07-04 13:24 | 国内 | Trackback | Comments(0)
 
橙色の豚・目次
★海外★

 ★トルコ編
 ★ネパール編
 ★インド編

★中国+東南アジア10ヶ国の放浪★

 ★中国編
 ★ベトナム編
 ★カンボジア編
 ★ラオス編
 ★タイ編
 ★マレーシア編
 ★シンガポール編
 ★インドネシア編
 ★ボルネオ(カリマンタン)編
 ★ミャンマー(ビルマ)編


★国内★

 ★屋久島編
 ★沖縄編
 ★出雲編
 ★長崎、大分 

# by mlsenyou | 2019-07-03 11:00 | 更新記録
 
肉は切ったが骨を断たれた感じの敗北、それから…北極10倍
だいぶ前のことだが、中本の辛さにも慣れてきて日を追うごとに辛さの倍数を上げていくようになった。
そして、北極やさい8倍を完食。8辛×8=72辛。多少胃が重熱いが、すぐにトイレに行くようなこともなく、翌朝までごく普通でいられた。そろそろ北極10倍に行ける準備ができたのだろうか。次は挑戦してみよう。そう心に決めた。

そして、当日。
ついに北極10倍。
北極ラーメンは9辛なので、10倍だと単純計算で90辛。ついに行き着くところまで来たようだ。エベレスト山頂を目指している高揚感。出来上がるのが待ち遠しい。

写真を撮り忘れたのだが、パッと見は3~4倍くらいから先は何倍になってもそんなに変わらない。
しかし、スープはもはやスープを通り越し、唐辛子ペーストになっている。
冷やし味噌5倍の濃さくらいだろうか。それが北極サイズになった感じ。麺をすすれば自然にスープがついてくる。10倍のスープは飲むものではなく、食べるものに近くなっている。

食べ始めると、最初はわりと普通にいけた。
しかし、半分くらいで苦しくなってきた。ここ最近の展開としては珍しいほど早期の息切れ。さすがエベレストはレベルが違う。
結局、麺は食べきったがスープは少しだけ残してしまった。
完食ではないので、登頂したとはいえないのかもしれない。しかし、食べたという実感と達成感を感じることが出来た。それと同時に「これはちょっと厳しすぎたかも…」という不安感も。
そのため、辛さを紛らわしてすぐにトイレに行けるように飲むヨーグルトを一気飲みし、その後も飲み物をたくさん飲んだ。しかし、結局寝付くまで若干の疲労感と胸やけがある程度だった。

…夜中。
胃が痛い。
初めて感じる胃の痛み。
冷や汗が出て、脈が速くなり、呼吸が浅くなるくらい胃が痛い。廊下にうずくまって動けなくなってしまった。
これまで骨折したり40度を超す高熱が出ても救急車を呼ばず、自分で歩いて医者に行く派だったが、今回は本気で呼ぼうかと思うくらい胃が痛くなった。
とりあえず、何とかトイレに入り、しばらく苦しんだ後、落ち着いてきたので寝床に戻った。
翌日、何度か排出するとようやく楽になった。

…10倍は自分の限界を超えていたようだった。72辛の次に90辛は飛ばしすぎだったということだろうか。
ここまで激辛にやられたのは初めてだった。エベレスト登頂というよりも南極点を目指したアムンゼン・スコットのスコット隊になった気分だ。
しかし、エベレストとか南極点とか…どこまで自分を持ち上げていたのだろうか。
当時の事を文章化している今、少し恥ずかしくなっているが、そんな気持ちだった。

限界を超えた辛さに体力を消耗したのが自分でもわかる。
さすがにしばらくは辛いものを自重するようになった。

そして現在。
自分の限界が分かったのと同時に、頂点を目指す気持ちは自然と遠のいていったため、無理のない辛さで旨味を味わうスタイルに変わった。ようやく中本を落ち着いて味わう心境になることができた。
今は北極やさい4~5倍くらいが無理もなくちょうどいい。

今後は、40辛前後でもっと旨味を楽しもうと思う。

蒙古タンメン中本編 おしまい


# by mlsenyou | 2019-06-19 11:05 | 蒙古タンメン中本 | Trackback | Comments(0)
 
新しき村
b0007425_09404904.jpg

車で秩父方面に向かう途中、「新しき村」という文字が目に入った。
…何かの新興宗教だろうか?

そう思いながら看板に目を向けてみると「武者小路実篤」と書いてある。
武者小路実篤。
昔、国語か何かの教科書で見た事のある名前。何とか派の文人だったと思う。
名前は憶えていたので、とりあえず行ってみよう。
そして、後日行ってみる事にした。
b0007425_09432904.jpg
入ってみたところ、人の気配があまりない。
駐車場の看板もないので、とりあえず停められそうな場所を探していると、目の前に新しき村の会員の作品展を催しているところがあった。

そこでは、会員の芸術作品や新聞、ネットなどの紹介記事があった。
新しき村というのは、こんな感じらしい。

一日の作業時間6時間。
それ以外の時間は読書なり、芸術活動なり、商売なり、自分の好きなことに費やして過ごしていい。
村として果たさなければならない義務を除いて、基本的に人は人、自分は自分のスタイル。他の人がしている事に対して、自分の考えを押し付けるようなこと、過干渉することはしてはならない。お互いに相手を尊重しあうことを求める。
他の人が困っているときは、自分の余裕がある範囲で助ければいい。助ける事を義務として思うのではなく、できる範囲で協力すること。
新しき村の収入は、村人に平等に分配する。
新しき村に来るものは拒まず、去る者は追わず。
b0007425_09513204.jpg
何となく、共産主義に似ているなと思ったが、決定的に異なるのは、「人のしている事を尊重し、過干渉しない」「去る者は追わず」かな。思想の強制はないということだ。…ん?強制をするのは共産主義ではなく、共産主義国家か?たなびく村旗を見ると、何となく昔行ったベトナムやインドネシアを思い出す。

作品展を見た後、農作業の休憩中かなという人を見かけた。
挨拶すると、ふつうに挨拶を返してくる。どこにでもいるような、ごく普通の人。そして、田舎によくありそうなごく普通の風景。観光客は私一人。
b0007425_09573439.jpg
その先に、新しき村美術館があった。
b0007425_10071669.jpg
ここで、武者小路実篤の人となりをある程度知る事が出来た。
実篤は階級差別がまだまだ厳しかった当時、華族でありながら、平民の人たちと一緒に理想社会を築こうとしていたようだ。彼の言葉や芸術作品、文章などが残されていたが、一言で言うと「きれいな心の求道者」なのかなあ。
b0007425_10170693.jpg
「山と山が讃嘆しあうように 星と星が讃嘆しあうように人間と人間とが讃嘆しあいたいものだ」という詩を残している。
それはそれで素晴らしい事だけど、そうであれば良いなと思いながらも上手く行かない現実。つまりユートピア。武者小路実篤はユートピアをたどり着かない場所として心の中に思い描くだけにとどまらず、実現しようとした人なんだろうな。
b0007425_10240045.jpg
しかし、理想を現実化するのは難しい。
新しき村も、村の収益だけで成り立たせるのは難しく、軌道に乗ったのは開村してからかなりの年月が経ってからだったようだ。
その後、主力商品だった卵の価格が下がったため、再び採算が合わなくなり、村民も徐々に減少。今では宮崎と埼玉の両村を合わせても2桁行かない人数になってしまったらしい。そして、村民は新しい村民を受け入れたくないようだ。なぜなら、村の収益を平等に分配するため、村民が増えると一人当たりの分け前が減ってしまうから。資本主義社会の中で理想社会を貫こうとするのは、非常に難しいという実証例なのかもしれない。
太陽発電をしているところが現実を反映しているように見える。
b0007425_10294306.jpg
かつての主力だった卵はもう生産をやめてしまっていて、今はシイタケの栽培をしているらしい。
b0007425_10302367.jpg
他にも茶の栽培をしていた。
b0007425_10334331.jpg
個人的には、新しき村は少し早すぎたのかな、と思った。新しき村の建設発表は1918年。これを書いている今は2019年。実篤の思想に時代が追い付くのに100年早かったのではないかと思う。
農村体験シェアハウスや農業をしながらネットを使った仕事をする、夜は芸術活動やパーティー。今ならそういった形にとらわれない生き方を好む人は増えている。共産的な分配はどうかと思うが、軽く助け合う程度の所得の再分配ならそこまでの反対はないと思う。やるなら今なのだろうが、できあがってしまった社会やその理念を現代に適したものに作り替えるのは難しい。なぜならそこに住んでいる人がいるから。
b0007425_10471102.jpg
徐々に人数が減っていき、高齢化している新しき村。
地方の山村の過疎化が問題になっているが、ここではそれが顕著に表れているように見えた。
新しい村民を受け入れるだけの体力もなくなっている現実。近い将来、このまま廃村になってしまうのだろうか。
せめてわずかな支援だけでもと思い、美術館でハガキや資料を買い、何とも言えないやりきれない気持ちを持ちつつ、村を去った。
b0007425_10512068.jpg
※新しき村は当初、宮崎県で活動していたようだが、ダム建設で村が水底に沈んでしまうことを機に、埼玉県毛呂山町に第二の新しき村を作ったらしい。そして現在、宮崎と埼玉に新しき村があるそうだ。ちなみに私が訪れたのは第二の村の方。


# by mlsenyou | 2019-06-18 10:59 | 国内 | Trackback | Comments(0)
 
蒙古タンメン中本・目次


# by mlsenyou | 2017-02-03 12:53 | 蒙古タンメン中本 | Trackback | Comments(0)
 
ベビースターラーメン丸 中本コラボ
b0007425_12283137.jpg
知人から「セブンイレブンに売ってたよ」と教えてもらったので、急いで買いに行った。
以前、セブンプレミアムでカップラーメンが作られていたし、セブンイレブンで売っているという情報だったので、今回もセブンプレミアムかと思っていたが、ベビースターだった。ということは、セブン&アイ系列以外でも売っているということか。

カップラーメンはとても美味しく再販売しないかと思っているのだが、ベビースターは正規のラーメンではないので正直どの程度なのか分からない。いちおう蒙古タンメンと北極ラーメンを買ってみた。

まずは蒙古タンメン。
やはりスープあっての中本という印象が強い。
どちらかというと、辛さよりもニンニク味の方が強く残った。

次に北極ラーメン。
こちらもスープがないので、中本本来の味を再現できていない。
ただ、北極ラーメンと名付けているだけあって、辛さは感じることができた。

何度も書くが、中本はスープあってこそなのだと再確認することができた。
乾いた中本では再現度がそうとう低下することを実感。そう考えるとセブンプレミアムのカップラーメンは再現度が高かった。
ベビースターをたくさん買ってしまったので、まだ、食べきっていない。
試しにお湯を注いでみようかと思う。

# by mlsenyou | 2017-02-03 12:39 | 蒙古タンメン中本 | Trackback | Comments(0)
 
北極の火山
b0007425_11261432.jpg
人間ドックを受けた帰り道、高田馬場に中本があったのを思い出した。
胃カメラをするので昨夜から絶食していたが、結果は健康そのもの。看護師さんに辛いものを食べても大丈夫か聞いてみたところ「生研してないのでOK」という返事をもらっていたので迷わず向かうことにした。

券売機のメニューを見てみると、なんと「北極の火山(12辛)」が!大宮店では食すことができず、期間限定ものと思いあきらめていたので思いがけない出会いに興奮した。

といっても、前回北極ラーメン2倍(18辛)を食べているので、火山の「12辛」表示を見ても辛さに対する驚きはない。仙豆で復活した悟空はこんな感じなのだろうか。レギュラーメニュー最辛を前にしてもすがすがしさすら感じる心境になっており、いつも通り旨味を味わって食べるのみ!と思っていた。

しかし、昨夜から食事をとっていないことで舌が鋭敏になっていたようだ。また、野菜ととろみが思っていた以上に多くて、下の麺になかなかたどり着かない。そうこうしているうちに熱さが辛さが増長させ、最終的に辛さが旨さを上回ってしまった。
水で舌を休ませながら食べるが、なかなか手ごわい。
最近の挑戦の中では最も苦戦してしまった。またもや辛さ慣れで増長してしまった自分に気づかされる。

挑戦をした結果、現状の自分には北極ラーメン1倍が最も辛さと旨味のバランスがあっているように感じた。
それにしても、癖になる店だ。

# by mlsenyou | 2017-02-03 12:26 | 蒙古タンメン中本 | Trackback | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
検索
フォロー中のブログ
目次、リンク、プロフィール
エキサイトブログ以外のHP、Blogのリンク

橙色の豚・メイン目次


クリックで救える命がある。


プロフィール
1976年の早生まれ
埼玉県出身。
3年半リーマン生活の後、半年間、中国+東南アジア10カ国を旅する。
最新のコメント
 在ベトナム大使館の記事..
by ジェフ35 at 21:12
とても魅力的な記事でした..
by 株の初心者 at 17:25
なんというか面白い国です..
by 川村明宏 at 01:04
ちょくちょく拝見させてい..
by サトシ at 20:31
あの軍人が言っていたこと..
by mlsenyou at 10:40
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク