+13392
国内外の旅と株投資+その他のBlog。各国の旅や株関係の記事は「メイン目次」や「カテゴリ」、「検索」からどうぞ。

by mlsenyou
 
カテゴリ:長崎、大分( 9 )
 
長崎、大分・目次
b0007425_1825713.jpg



 1.ハウステンボス
 2.ハウステンボス2
 3.ハウステンボス3
 4.湯布院とななつ星
 5.別府地獄めぐり1~山地獄~
 6.別府地獄めぐり2~海地獄、鬼石坊主地獄~
 7.別府地獄めぐり3~かまど地獄、鬼山地獄~
 8.別府地獄めぐり4~白池地獄、血の池地獄、龍巻地獄~



メイン目次

[PR]
by mlsenyou | 2014-01-08 18:57 | 長崎、大分 | Trackback | Comments(0)
 
別府地獄めぐり4~白池地獄、血の池地獄、龍巻地獄~
b0007425_18234815.jpg

白池地獄。
ここではピラニアやピラルク等熱帯魚を飼っている。
ピラニアは「人食い魚!」ピラルクは「世界一大きくて世界一美味しい淡水魚!」なんて看板が。
さすが観光地、でもちょっと古いかな。
…なんて思っていたら、つい最近アルゼンチンで川遊びしていた人たち数十人がピラニアに襲われたなんてニュースがあった。「人食い魚」という表現もあながち間違いではないようだ。
b0007425_1827175.jpg

高級な和風庭園の中に上品な地獄がたたずんでいる。
何度も書くが、本当に地獄ごとに特色あるわー。
b0007425_18315364.jpg

そして血の池地獄。
ここでも足湯をしたが、海地獄よりはぬるめのようだ。
b0007425_1833399.jpg

血の池地獄と龍巻地獄は他の地獄から離れた場所にあるので、歩いていくとかなり時間がかかる。
我々は車だったので、それほど問題はなかったが、帰り際に歩いている観光者がいた。歩道がない山道なので、歩きはちょっと危ないかも。
b0007425_1847119.jpg

血の池地獄には皮膚に効く軟膏があるというので興味がてら見てみた。
硫黄が入っているためらしい。たしかにニキビ薬とかに硫黄が入ってたもんな。
ちょい高価だったので購入は見送る。
b0007425_18493138.jpg

地獄めぐりの最後、龍巻地獄。
ここは他の地獄と異なって間欠泉。
お湯が噴き出る間隔の短さは世界有数らしい。
b0007425_1851655.jpg

しばらく待っているとお湯が噴き出た。
しかし…
b0007425_18514587.jpg

周りに飛び散らないための配慮だろうけど、屋根ができているので間欠泉のダイナミック感がまったくない。
何だ、このガッカリ感は。
間欠泉を楽しみにしていた観光客も始まって少したつと、ゾロゾロと一斉に帰りだす。
もう少し屋根を高めにしてくれれば良かったのだが…残念だ。
b0007425_18544864.jpg

とはいえ、地獄めぐりも無事まわることができ、満喫して長崎、大分旅行を終えることができたのだった。




長崎、大分・目次
[PR]
by mlsenyou | 2014-01-08 18:30 | 長崎、大分 | Trackback | Comments(0)
 
別府地獄めぐり3~かまど地獄、鬼山地獄~
b0007425_1842815.jpg

「ようこそ地獄へ」
まさかな、と思っていたら、本当に書いてある地獄がありました。
b0007425_186434.jpg

どうやら各地獄の経営者によってそれぞれの経営方針があるようで、それが地獄の特色をより強めているようだ。ここはサービス精神旺盛な地獄だった。なんのこっちゃ。
b0007425_1873947.jpg

温床で足を温めることができたり、温泉水を飲むことができる。
硫黄臭がして少ししょっぱい感じがするが、個人的にはけっこう好きな味だった。
「けっこう美味いな、これ!」と言ったら、言葉の分かる中国人に「またまた~」みたいな感じに笑われた。
いや、なかなかイケますって。
地獄の番人の説明によると、タバコの煙が湯気に当たると、大きな煙が出たように見えるらしい。
実際にやってもらったが、本当にボワッと出た。
タバコの煙の粒子を核にして水蒸気が集まるから爆発したように見えるとのこと。
かまど地獄の関係者様には、いろいろ楽しませていただきました。
b0007425_18143218.jpg

そして、鬼山地獄。
煙がすごすぎて地獄を見ることができない。
ここはタバコの煙による湯気とは違うようで、かなり熱そうだ。
b0007425_1816508.jpg

なぜかマレーシア風の建築物。
何故ゆえに?と思う前に看板が出ていたので、よく分かりました。
b0007425_18203947.jpg

ここでワニ飼ってました。本当に地獄ごとに特色あるわー。
バナナワニ園のバナナは山地獄、ワニは鬼山地獄。
温泉地っていろんな事ができて良いな。



別府地獄めぐり4~白池地獄、血の池地獄、龍巻地獄~
長崎、大分・目次
[PR]
by mlsenyou | 2014-01-08 18:17 | 長崎、大分 | Trackback | Comments(0)
 
別府地獄めぐり2~海地獄、鬼石坊主地獄~
b0007425_1742235.jpg

山地獄に続いて、海地獄。山ときて海ってのは、順番的になかなか良いもんだね。
b0007425_17431136.jpg

海地獄はコバルトブルー。
それぞれの地獄によって違った特色を持っているというのは珍しい。こんな近場なのに!
そして、ここには土産物屋が併設していた。
絶対食べようと決めていた温泉卵を買って食べる。
ひとつで良かったのだが、3つだか5つだかのセットになっている。
そんなに食べられないからバラ売りして欲しかった。
すごく熱い足湯をしたおかげか、身体がポカポカになった。初めの熱さもだんだん気持ちよくなっていく。
b0007425_17474673.jpg

続いて、鬼石坊主地獄。名前が長い。
ボコッボコッという音がする。
この音は鬼のいびきと思われていたとか。
b0007425_17575657.jpg

沸騰して泡が浮かんでくる様が坊主頭のようだったから、坊主地獄。鬼石は地名。
b0007425_17585098.jpg

ここで少し早めの昼食。なかなか美味しい。
ひとりで切り盛りしているおばちゃんの髪の毛は緑だった。
たくさんのお客さんを相手にどんどん捌いているところを見ると、さすがプロだなーと感心するばかり。



別府地獄めぐり3~かまど地獄、鬼山地獄~
長崎、大分・目次
[PR]
by mlsenyou | 2014-01-08 17:49 | 長崎、大分 | Trackback | Comments(0)
 
別府地獄めぐり1~山地獄~
b0007425_17262664.jpg

駐車場所の関係で山地獄から地獄めぐりを開始。
もらったパンフレットによると、この温泉群は豊後風土記に記されており、近寄ることもできない忌み嫌われた土地だったそうな。そのため地獄と呼ばれたらしい。
そんな地獄も今ではバナナが生えた立派な観光スポットに。
「ようこそ地獄へ!」
なんて陽気に鬼が迎えてくれるほほえましさよ。
b0007425_17302017.jpg

温泉の地熱を利用して、様々な動植物を飼育しているらしい。
そういえばバナナワニ園なんてものもあったな。熱海の方だったっけ?
…と思ったら、他の地獄でもワニを飼育していた。
b0007425_17354660.jpg

見るからに熱そうな源泉と思ったら、90度。
まだまだ、火山活動が活発らしい。




別府地獄めぐり2~海地獄、鬼石坊主地獄~
長崎、大分・目次
[PR]
by mlsenyou | 2014-01-08 17:33 | 長崎、大分 | Trackback | Comments(0)
 
湯布院とななつ星
b0007425_16421861.jpg

ハウステンボス(記事参照)を一日半楽しんだ翌日、湯布院に立ち寄ってから別府に向かうことにした。
あまり欲張らずにゆっくり見ていくのが、ここのところの旅行。
それでも長崎から大分への単なる移動日を作りたくはないので、少し早めにホテルを出た。
b0007425_16464136.jpg

金鱗湖。
ほとりにあった蕎麦屋で昼食。
不覚にも麺つゆをこぼしてしまったが、娘がこぼしたような感じに思われたらしい。娘よ、ごめん。
蕎麦屋は麺つゆに力を入れているんだから、その麺つゆをこぼすなんて、一番やってはいけないことだったのだが…
b0007425_16501362.jpg

湯布院駅も見ておこうと思い、行ったのがラッキーだった。
なんと、ななつ星が停車していました!
b0007425_16534554.jpg

駅内入場券を買って、さっそくななつ星を撮影。ななつ星内部の入場券ではないので、外部から。
ガラスがものすごく磨かれているため、部屋を撮ろうとしても反射してしまってなかなか上手く撮れない。
b0007425_1656347.jpg

豪華な設備。
b0007425_16572333.jpg

この日だけ、鉄ちゃんになってしまった。
b0007425_16582256.jpg

ここは…食堂かなあ?
銀河鉄道999みたいで憧れますな。電車の旅。
シベリア鉄道にも乗ってみたいが、乗った人によるとあれはシャワーがないから臭いらしい。それでいてロシア人がよくしゃべるので、そういうのを耐えるのが大変だったとのこと。ななつ星はそういうことは全くなさそう。シャワー室らしい場所もあったし、豪華そうな食事も出そうだし、立派なベッドもあるし。
死ぬまでに乗ってみたいですな!!
b0007425_1721832.jpg

ななつ星はしばらく停車していたが、やがて発車してしまった。
しかし、また一時間半後に戻ってくるとのことだった。
そういえば、駅前にななつ星専用のバスが停車していたし、乗客もそれに乗り込んでいったようだった。
どうやら九州の各地をバスでまわっていくようだ。
そして、食事や寝るのは電車内。
豪華ですね。豪華ですね。
b0007425_1755066.jpg

去り行くななつ星の後ろ姿。
意外と普通。
b0007425_1771675.jpg

由布岳を見ながら、別府に向かうのだった。



別府地獄めぐり1~山地獄~
長崎、大分・目次
[PR]
by mlsenyou | 2014-01-08 17:08 | 長崎、大分 | Trackback | Comments(0)
 
ハウステンボス3
b0007425_16122946.jpg

ハウステンボスのイルミネーションの様子。
3Dプロジェクションマッピングもやっていたが、フラッシュ撮影禁止だったので、撮影はしていない。
っていうか、カメラに目を向けていたら、せっかくのプロジェクションマッピングを見逃してしまう。
でも、構わずフラッシュを焚く人ってのはいるもんで…
b0007425_16161466.jpg

きれいだが、目がチカチカするのはLEDのせいか。じっと光を見るのは目に良くないかも。
でも、本当幻想的。
b0007425_1618227.jpg

時間がたつと、色が変化する場所もある。
b0007425_16202244.jpg

王冠みたいな施設の中には…
b0007425_16211947.jpg

馬車がいた。
b0007425_162222100.jpg

光にふちどられた風車に見送られながら、ハウステンボスを出るのだった。

もう20年も前のこと。
高校の修学旅行は広島・長崎だったのだが、事前視察した先生がハウステンボスを見て「つまらん」と評価。それで修学旅行のプランからハウステンボスは外されたのだった。当時、「見たかったのにな」という気持ちがあった。でも、その当時はまだ第三セクターで無責任にやっていたときのこと。きっと実際に行ったらガッカリしていたんだろう。
しかし、今は違う。いろいろな工夫を凝らしていて、いろいろ見るものがある。季節によってもまた違うそうなので、リピーターが多いのも納得。
当時行けなかったおかげで、今回行こうと思ったので、当時の「行かない」と判断した先生にある意味感謝したい。



湯布院とななつ星
長崎、大分・目次
[PR]
by mlsenyou | 2014-01-08 16:29 | 長崎、大分 | Trackback | Comments(0)
 
ハウステンボス2
b0007425_15421795.jpg

ハウステンボスパレスだったかな?それの裏庭。
ヨーロッパの宮殿の庭を模しているだけあって、左右対称になっている。
ヨーロッパはイギリスをほんのちょっと行っただけなので、こういう庭は初めて見た。
天候が良くなかったため、じっくり見れなかったのが残念。
b0007425_15461354.jpg

全体を見下ろすことのできる塔。
前の記事でパレードをするもう一つの理由が分かったと書いたのは、これと関係する。
b0007425_1631076.jpg

塔から見たライトアップ前の景色
b0007425_1645247.jpg

ライトアップ後の景色。
とても美しい。
先ほどのパレードは塔から見ると、また素晴らしいアクセントになるのだった。
ガラスの汚れとフラッシュの反射でうまく撮れませんでした。
b0007425_1673981.jpg

夜になるにつれて混んできた理由が分かった。
ハウステンボスは一日の時間帯の中で、様々な年齢層が楽しめるつくりになっていたようだ。
b0007425_169987.jpg

広い園内を贅沢に使ったイルミネーション。
ここでプロポーズする人いるのかもな。
人がたくさんいて、なかなか二人きりになれる場所がないかもしれないけど。



ハウステンボス3
長崎、大分・目次
[PR]
by mlsenyou | 2014-01-08 15:48 | 長崎、大分 | Trackback | Comments(0)
 
ハウステンボス
b0007425_15253556.jpg

HUIS TEN BOSCH。
フイステンボスチ。
オランダ語が読めないので、滞在中はそう呼んでいた。
b0007425_15305842.jpg

本当の名前はハウステンボス。
わざわざ書かなくてもみんな知ってますね。
経営再建の予定を5年も前倒しした場所。
沢田氏の手腕ってのは半端ないですな。
長崎空港からレンタカーしてホテルにチェックイン。
ハウステンボスに着いたのは夕方だった。
b0007425_15275533.jpg

それからアトラクションをほんちょっとだけ楽しむと、すぐにパレードの時間が来た。
ディズニーと違って誰でも知っている特定キャラクターがいるわけではないので、見ていて「何だろう?」というのが正直ある。ディズニーに合わせたのだろうか?なんて勘ぐることも。
しかし、夜のパレードは間近で見るだけが目的ではなかったことに後々気づかされるのだった。
b0007425_15345039.jpg

ハウステンボスは海に接しているので水関連のイベントが多い。
船なんかも当然あるわけで、海と船となるとオランダが活躍した大航海時代。
大航海時代となると、やはり…
b0007425_15354622.jpg

期待を裏切らずにしっかりコラボしています。
乗りたい気分もあったが、妻は漫画に興味がなく、娘はまだこれが分かる年齢ではない。
個人的にはゴロゴロの実が好きです。
携帯が電池切れした時に、手軽に充電できるので。
とても実用的な実だ。日常生活を送るうえでのデメリットもすごそうだけど。




ハウステンボス2
長崎、大分・目次
[PR]
by mlsenyou | 2014-01-08 15:41 | 長崎、大分 | Trackback | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
検索
フォロー中のブログ
目次、リンク、プロフィール
エキサイトブログ以外のHP、Blogのリンク

橙色の豚・メイン目次


クリックで救える命がある。


プロフィール
1976年の早生まれ
埼玉県出身。
3年半リーマン生活の後、半年間、中国+東南アジア10カ国を旅する。
最新のコメント
 在ベトナム大使館の記事..
by ジェフ35 at 21:12
とても魅力的な記事でした..
by 株の初心者 at 17:25
なんというか面白い国です..
by 川村明宏 at 01:04
ちょくちょく拝見させてい..
by サトシ at 20:31
あの軍人が言っていたこと..
by mlsenyou at 10:40
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク