+13392
国内外の旅と株投資+その他のBlog。各国の旅や株関係の記事は「メイン目次」や「カテゴリ」、「検索」からどうぞ。

by mlsenyou
 
カテゴリ:思ひ出株( 22 )
 
ピジョン、コンビ~売り時と株主優待~
※銘柄コード:7956(ピジョン)、7935(コンビ

買い時と売り時はどちらが難しいだろうか?
人によって感じ方は違うのだろう。
私は売り時の方が難しいと感じている。
なぜなら、持っている株が上がってしまうと売るのがもったいなくなってしまうのだ。
分かっていてもついつい欲が出てしまう。そろそろ売った方がいいだろうなと思いつつも「まだまだ上がる」と思ってしまう。結局、売り時は欲と自制心の争いになってしまうのだ…

…いつものように株価をチェックしていたところ、皇太子妃雅子さまが身ごもられたというニュースが流れた。これは愛子さまご誕生までの話だ。

突然の朗報。景気の悪い時には明るいニュースはいいものだ。
「おお、良かったねえ!」と思いつつ、そのまま続けて株価を見ていた。すると…

いきなりベビー用品の関係銘柄がみんな高騰した!

えぇっ!?ずいぶん気が早くないか!?
必ずしも実績だけで動くわけではないのが株価。
しかし、ここまでニュースに影響されるとは思いもしなかった。

その後、日が経つにつれて、急騰した関係銘柄も徐々に値を下げていく。ニュース先行で実績が伴っていないのだからこれは当たり前のことだ。しかし愛子さまご誕生まではまだ数ヶ月ある。そこでふと思った。
ご誕生間近になったら、またすごいことになるんじゃないだろうか?
そこで、ベビー用品関連のピジョンとコンビを買うことにした。

予想は当たった。
その後、ご誕生が近づくにつれてピジョン、コンビの株価はどんどん上がっていく。毎日株価を見るのが楽しい。お生まれになるだけで大きな経済効果を与えるというのもすごいことだ。

やがてご誕生まで数日になった。
お生まれになってしばらくしたら売ろう。そう思っていた。すると…

休日にご誕生のニュースが流れ、次の月曜日にベビー関連銘柄が暴落。見るみるうちにどんどんと下がっていく。

えぇっ!?ずいぶん気が早くないか!?
必ずしも実績だけで動くわけではないのが株価。
しかし、ここまでニュースに影響されるとは思いもしなかった。

そんなこんなで売り時に戸惑っていたら、買値を下回ってしまい、2銘柄ともしばらく塩漬けになってしまったのだった。

よく「イワシの尾と頭はくれてやれ」という。
最高値と最安値をつかむのは難しいのだから、ほど良いところで手放した方が良いということだ。
分かってるんだけど…難しいんだな~これが。
※正しくは「魚の頭と尾はくれてやれ」でした。なぜイワシが出てきたんだろう…?

ちなみにこの2銘柄には配当があった。配当時、企業によっては株主優待が送られてくることもある。コンビからは優待が送られてきたのだった。記念すべき初めての株主優待。その優待の内容は…
おしゃれ知育玩具「こももちゃん」人形。
20代独身男性がこれでいったい何をしろと言うのだ?
箱にはこう書いてある。
「探究心がめばえる」
「想像力がめばえる」
いや…言いたいことは分かるが…できれば別の商品の方が…

そして、塩漬けのまま二回目の配当シーズンが近づいた。再び「こももちゃん」が届いたらどうしようかと思っていた。
しかし、今度は前回とはうって変わってすばらしいものが届いた。
ダイエットゼリー飲料「ビー・クォーター」だ。
コンビはベビー用品だけでなく、フィットネスや健康食品なども取り扱っていたのだ。
確か1ダースか半ダースくらい送られてきたので、ありがたく使わせてもらった。こういうのは大歓迎だ。

一方、ピジョンには株主優待はなかった。
今はどうなんだろう。ひょっとしたらあるのかもしれないな。


アラビア石油~ピンチはチャンス…かも~
思ひ出株・目次
[PR]
by mlsenyou | 2005-08-04 02:51 | 思ひ出株 | Trackback(1) | Comments(2)
 
プリマハム~特別損失~
プリマハム(銘柄コード:2281)

最初に買った記念すべき株は博打的でした。

確か2001年の夏になるくらい、日経平均株価もまだ12000~13000台をつけていた頃のことです。
株を始める前に中元や歳暮時の商品の売り上げが気になって調べたことがありました。
数々のライバル企業がある中でも、プリマハムは調子良くみえたので、いつか株を買う時が来たら…と考えていました。
その後、しばらくの間、株の流れを見ていてあることに気づきました。

特別損失のニュースが出た日、その銘柄はストップ安になるけど、数日以内で元に戻る。

今から考えると「もっといろんな要因があるだろ!」と自分につっこみたくなりますが、当時はそれが一つの法則のように思っていました。
このことに気づいた数日後、プリマハムにその特別損失が発生したのです。予想通りストップ安。かろうじて3ケタの間を彷徨っていたような株価なので、20円の下げは非常に大きいものがあります。

こりゃ買いじゃ!

それ以上下がることなど考えもせずに、回復だけを考えてこの株を買ったのでした。
幸いビギナーズラックが働いて、初戦は勝利。ストップ安で下げた分をそのまま利益にすることができました。しかし金がなく最低単位で買ったので利益は2万円もいかないという微々たる勝利。

…しかし、これは後の失敗の元に。
初戦の成功と引き換えに、どんな条件にも関わらず「ストップ安の時は買い」という間違ったルールを自分の中に叩きこんでしまったのでした。

・中元歳暮時にわりと好調だった。
・特別損失の後は下がって上がる。

今から考えると買った理由があまりにも単純すぎる感がありますが、今でも気が抜けている時はたまに似たような買い方をしている時があります。こういう時はあまり良い結果にはなりません。

ちなみに特別損失とは、例外的に発生した費用のことを言います。
例えば、企業が不良資産を切り離した時とか、リストラ費用、災害による損失など、その企業が通常行っている業務とは別の理由で出た損失のことを指します。特別損失はいろいろな理由に基づきますので、その損失の理由をよく見た方がいいでしょう。
例えばリストラ費用計上で特別損失を出したなら、来年以降は人件費が下がって利益の押し上げに貢献する可能性があります。
それに対して災害による損失の場合なら、それによって生産能力等が落ちて売り上げに影響するかもしれません。


ピジョン、コンビ~売り時と株主優待~
思ひ出株・目次
[PR]
by mlsenyou | 2005-08-02 18:19 | 思ひ出株 | Trackback | Comments(2)


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
検索
フォロー中のブログ
目次、リンク、プロフィール
エキサイトブログ以外のHP、Blogのリンク

橙色の豚・メイン目次


クリックで救える命がある。


プロフィール
1976年の早生まれ
埼玉県出身。
3年半リーマン生活の後、半年間、中国+東南アジア10カ国を旅する。
最新のコメント
 在ベトナム大使館の記事..
by ジェフ35 at 21:12
とても魅力的な記事でした..
by 株の初心者 at 17:25
なんというか面白い国です..
by 川村明宏 at 01:04
ちょくちょく拝見させてい..
by サトシ at 20:31
あの軍人が言っていたこと..
by mlsenyou at 10:40
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク