+13392
国内外の旅と株投資+その他のBlog。各国の旅や株関係の記事は「メイン目次」や「カテゴリ」、「検索」からどうぞ。

by mlsenyou
 
カテゴリ:未分類( 17 )
 
出雲大社
ようやく着いた出雲大社。
これから起こるワクワクを予感させる鳥居だ。
b0007425_11582519.jpg

鳥居を抜けて神社内に入ると、珍しく下り道の参道が。
通常とは違う参道に、さらにワクワク感が募る。
b0007425_11592614.jpg

そして、ついに本殿・・・!
b0007425_1213645.jpg

・・・と思ったら、改修工事していてほとんど見えなかった。
b0007425_1221888.jpg

とりあえず、手前にある拝殿で二拝四拍手一拝する。
二拝四拍手一拝というと、ちょっと違うのでは?と思うかもしれない。なぜなら、普通の神社ではたいてい二拝二拍手一拝になっているからだ。
二拝二拍手一拝が一般的になっているのは、多くの神社が二拝二拍手一拝に統一されてきたためらしい。なので、元々はそれぞれの神社ごとに異なる拝み方があったようだ。いくつかの神社では二拝二拍手一拝ではなく、異なる拝み方をしているところもある。出雲大社もそのいくつかの神社の一つだ。
しかし、出雲大社が他の神社と決定的に違う(と思われる)のは、この二拝四拍手一拝に深い意味が込められているためだという。あくまでこれは一つの説なので、本当のところは分からないが。
それは、「稲佐の浜(稲狭の浜)~国譲りの伝説と古代史~」の記事に書くことにする。
b0007425_12194982.jpg

10月は神無月というが、それは日本中の神々が出雲に集まり、出雲以外にはいなくなってしまうからだ。逆に言えば、10月の出雲は日本中の神々が集まっているため、神無月ではなく神在月という。
神在月のときに使われる(らしい?)社を見て、神楽殿に向かう。


神楽殿
出雲・目次
[PR]
by mlsenyou | 2012-05-18 22:10 | Trackback | Comments(0)
 
指輪制作
b0007425_21383293.jpg

妻とつきあい始めたころ、表参道の辺りでシルバーリングを作りに行った。
これまでに銀粉入り粘土を焼いて指輪を作ったことはあったが、棒から指輪を作るのは初めてだった。何よりも工房で作るという行為そのものがとても面白かった。
そのとき思った。
もし結婚指輪をするとしたら、ぜったいに自分の手で作ったものにしようと。
b0007425_21391433.jpg

それから約5年。
妻が知り合いから工房を教えてもらってきてくれた。
そこは、ふつうの工房とは違い、刻印から溶接、研磨まですべての工程を自分の手で行わせてくれるところだった(ふつうは時間や手間がかかるので、難しいことは工房の人がやってしまうことが多い)
b0007425_21403172.jpg

その工房の名前はSTIR CRAFT(ステア クラフト)
http://www5b.biglobe.ne.jp/~stir/
東陽町にある個人でやっている工房だ。
ここではいろいろな事を教えてもらった。

指輪には鍛造法と鋳造法があるということ(粘土で成型して焼くタイプは手軽だが本格的な製造法ではない)。この工房では鍛造法を用いるということ。

鍛造法(たんぞうほう)とは、金属を熱して叩いて作り上げるもの。文字通り鍛えて造る方法。
複雑な形にするのは非常に難しいが、金属を鍛え上げるため、鋳造法よりも頑丈なものをつくることができる。これの究極が刀鍛冶。昔ながらの方法で手作り感が強い。
b0007425_2142068.jpg

鋳造法(ちゅうぞうほう)とは、あらかじめ型を作っておき、そこに溶かした金属を流し込んで作るもの。
鍛造法と比べると、複雑なデザインにすることができる。しかし、その反面、強度では鍛造法に劣るため傷がつきやすい。

というわけで、どちらも長短がある。
b0007425_21414056.jpg

その中で、オレらはひとひねりした鍛造法を作ることにした。
ただの丸い指輪ではなく、ウェーブのかかった指輪。横から見ると無限大∞に見えるデザイン。結婚指輪は婚約指輪と違って、ずっとつけるものだから、複雑なデザインのものは少ない。なので、店頭で見た指輪もそこまで複雑なものではない。
ならば自分らで作ってしまおう!
b0007425_2140597.jpg

ただ、これはやはり初心者には高度な注文だったらしく、相談を受けてから工房の先生も作り方を研究したらしい。そして、先生とオレらの3人で話し合いながら作り上げていったのだった。
b0007425_21444038.jpg

結果としては大成功。
写真の棒から見事な指輪になった。
ここからさらに石を入れているので、実物はこの写真以上に仕上がりが良い(石は素人では到底ムリなので専門の職人に頼んだ)。
これらの製造過程をほぼ全て自分たちの手で作らせてくれた先生には感謝が尽きない。分かりやすく説明するためにかなり研究してくれたのだろう。
b0007425_21451373.jpg

ものづくりってのは本当に面白いな。
[PR]
by mlsenyou | 2011-06-05 21:46 | Trackback | Comments(0)
 
橙色の豚
「お前ら何で終電ギリギリまで飲み歩いてんだ!」
と逆ギレしたくなる連休前の夜。例にもれず、私も終電の想像を絶する混雑の中にいた。
満員電車への耐性を失った体に渋谷~池袋の超混雑ぶりはこたえる。
これが終電でなければ次の駅でさっさと降りてしまいたい。
そう思いながらも斜めにエビぞった姿勢のまま悪魔の時間をやりすごす。肋骨が痛い。
そして左手の握力も徐々に失われていく。
ミカン…

この日、飲み会で顔の書いてあるミカンをもらった。
今冬に入ってからまだミカンを食べておらず、私にとっては初物だ。
初物を食うときは西だか東に向かって笑え!
そんな事を何かで読んだことがある。縁起を担ぐ人には重要な儀式なのだろう。私は縁起をまったく担がないが、それでも初物のミカンは大事にしたいと思う。せめて家に帰ってから食おう。そう考えたのが間違いだった。

渋谷駅で電車が到着する。
ギュウギュウの電車に何とか入ると、早々にでかい男に囲まれてしまった。
コイツらのでかいことでかいこと。何せ平均より高いはずの私でさえ、コイツらの肩と頭がこんにちは状態。これではリリーフランキーの「東京タワー」を読みながら優雅に帰ろうなんて期待は夢のまた夢だ。
いきなり右手は「東京タワー」の入った紙袋を押さえる役、左手はポケットの中のミカンを防衛する役に徹することになってしまった。ダウンジャケットであぶり絵をするつもりはまったくないので、ミカンがつぶれたらシャレにならない。

電車が動き出す…
吊り輪につかまれないのか、それともあえてつかまらないのか、満員電車の混雑に身を委ねる人たちが出発進行と同時に思い切り体重を預けてくる。こけそうだ。
ミカンと俺のピンチ!
すかさずミカンをポケットから取り出し、左手の親指と小指で押さえ、残り三本の指で吊り輪につかまった。
直後、人に押されてそのまま斜めにエビぞり。将棋倒しになるのを指三本で必死で支える。安田大サーカスもビックリのアクロバティックな左手だ。酸欠気味の車内でミカンが宙に浮いている。
b0007425_422096.jpg

ミカンを持ちながら、何人もの体重を支える左手に感嘆しているのは私だけではなかった。
複数の視線がミカンと吊り輪のコラボレーションに集中し、吊り輪の真下にいる人が祈るような表情でミカンを見上げている。もし、あなたの祈りが届かなかったらLet'sナチュラルペインティング。ミカン汁は多少ベタつくだろうけど、ビタミンCが髪に優しいかもしれない。
今年最初の雪の華を…は中島ミカン。
マルシアと別れたのは大鶴ミカン。
気がついたらわけの分からんことばかり考えるようになっていた。この子は昔からピンチになると現実逃避してしまうのよね…と言われた記憶はない。単純作業がとても得意なことは自覚している。
あーもう、ますますわけが分からん。
きっとこの脳ミソは満員電車を逃れるまで謎の麻薬を放出し続けるのだろう。灰色の雲を見上げる豚はオレンジ色の光に触れてわずかな時間の夢を見る。橙色の豚。
つまり今の気持ちを一言でいうとこういうことだ。

ガッデム(-_-+)

池袋に着き、骨をきしませる重圧から解放されると、脳内モルヒネはどっかに消えて行った。乗り換えた私鉄の座席で、まどろみながら山手線内の出来事を思い返してみる。
夢の中で現として夢を考えるのは、果てのない空間の中で自分の座標を証明しようとすることに等しい。実感できる空白。実感できない現実。通り過ぎた過去は記憶に留まらない限り自分の過去にはなりえない。ゼロを見出したインド人ここに極まれり。コサック、コサック、ザンギエフ。
…まどろみは脳内モルヒネに匹敵する風変わりな思考を展開する。

下車予定の駅に近づき、ふと我に返った。
長い夢から覚めた後、ふと、実感できる現実が自分の手の中にあることに気がついた。
人肌程度に温まった顔のついたミカン。
きっと冷える頃には家についているだろう。
[PR]
by mlsenyou | 2005-12-23 04:21 | Trackback | Comments(4)
 
結婚バトン
Sweet*Witchこと、あかりんりんからまわってきました結婚バトン…照れくさいなあ(笑)それでは行ってみましょう。

Q1:結婚したい?
 社会人2年目くらいの頃はすごくしたかった(過去形)。

Q2:何歳くらいで結婚したい?
 そろそろ結婚しないとマズイかなーとは思う。相手がいればだけど。

Q3:結婚相手に求めるものは?
 食の好みが合うこと。食い物を粗末にしない人。
 飯に対する考え方でだいたいその人の性格や価値観が分かるので。
 これでバックパッカーの旅ができれば最高。

Q4:子供は何人欲すぃ?
 希望は3人だけど、産む側じゃないからな…すごく大変だって言うし。
 なので、相手と相談して決める。

Q5:相手の浮気が発覚しちゃった。どうする?
 これは…ぜんぜん想像つかない。
 かなり動揺するかもしれないし、あまり気にしないかもしれないし…
 子供を作られたらさすがに怒るけど(笑)

Q6:夫婦円満の秘訣は何だと思う?
 いろんなことを要求しすぎないことかな。

Q7:結婚生活に求めるものは?
 お互いの居心地のよさ。

Q8:新婚旅行は何処行きたい?
 リュックかついで世界中。

Q9:今の好きな人が結婚相手になると思う?
 好きな人ってのが今いないんだよな…ホレっぽい自分が珍しいことに。

Q10:憧れ・理想の家族。
 ドリフの家族コント。
 …はっ、お父さん役がいない(゜O゜)

Q11:これを回す5人
 回すのが何となく恥ずかしいので、興味ある人はご自由にどうぞ。
[PR]
by mlsenyou | 2005-11-20 20:46 | Trackback | Comments(2)
 
第一期政権からのロッテ…というよりも、むしろボビー回顧録
千葉ロッテが31年ぶりの優勝!パ・リーグファンとしては今回の4連勝はとても嬉しかった。
でも、阪神の不完全燃焼ぶりは少し残念。
セ・リーグにプレーオフがないために、中断期間で試合勘が失われてしまったのだろう。それが勝敗結果に影響したようにも思える。事実、試合勘が戻りつつあった4戦目がゲームとして一番良かったし。あれでは阪神ファンもやりきれないと思うし、パ・リーグファンとしても本調子の阪神と戦って欲しかった。
今回のシリーズをきっかけにしてセ・パ両リーグでプレーオフの導入・研究をしてもらいたいものだ。パのプレーオフも変更・改善余地がたくさんあることだし。

しかし、そういうのを差し引いてもロッテの優勝はやはり嬉しい。何しろ、私はボビーファンなのだ。通常はパの中ではライオンズが一番なのだが、ボビー政権のロッテはライオンズ以上になる時もある。特に第一期政権の時がそうだった。ファミスタのチーム選びでロッテをライオンズより優先するのは当然、ボビーの回顧録を買うくらい好きだった。それだけに今期のロッテの躍進は感慨に浸るに十分な要素がある。

何しろ第一期政権の頃は、まだまだ大リーグの認知度が低く、日本的な体質が今と比較にならないくらい色濃かったのだ。そんな状況の中、「管理野球」の広岡GMと確執を続けながらチーム改革を始め、選手に多くの自由を与える。
そして、就任1年で万年Bクラスのチームをいきなり2位にし、さらに打点王まで生み出したのだ!今よりもはるかに多くの障害があった中で、これを達成した時は感動した。

1年目でチームカラーを変え、2年目は優勝か!?という期待も高まる。
しかし、広岡はボビーを解雇。公式の理由は「期待通りの結果が出なかったから」
これが建前にすぎないことは誰もがわかっていた。
契約期間を残したまま帰国することになったボビーへのロッテファンのエールは忘れられない。

そんな経緯があり、数年の時を経てボビー復活。今度はファンは当然のこと、球団側からも本当に必要とされての復活。そして優勝。すごいドラマじゃないですか!お立ち台に立った時のボビーの目に光るものを見た時、それが頭に浮かんで思わず涙腺が緩んでしまったよ。そして第一期政権で打点王をとり、第二期では代打の切り札として活躍した初芝の引退年に優勝というタイミング。再び涙。ボビーは最高だ。

ちなみに第一期政権のロッテには、伊良部(超豪腕時代)、初芝(打点王)、フランコ(今のフランコとは別人、バットを持つときに小指を立てる、当時も年だったが今でも現役の怪物選手)、インカビリア(打率1割台の失敗外国人だったが、ホームラン率は高かった)、堀、諸積、河本&成本(抑えの両輪)などなど…今に負けず劣らずの名選手がたくさんいたのだ。昔のファミスタを持ってる人はやってみるべし!そして当時の第一期政権のロッテの強さを確認すべし!!

…ライオンズにも何か変革をくれ!!
[PR]
by mlsenyou | 2005-10-27 11:35 | Trackback | Comments(6)
 
こんな検索ワードでひっかかりました大賞
※不具合が生じてたっぽいので今は使ってません。

先日入れたアクセス解析の続き。
そこで悪ノリ企画。
こんな検索ワードでひっかかりました大賞の発表です。
どんな検索ワードでこのBLOGを見つけに来るんだろうかと思ったら、こんな結果が!!
ちなみにアクセス解析を入れてからほぼ1日の結果です。

 1位 ハノイ
 2位 ヌキ床屋
 3位 ベトナム
 4位 アクセス解析
 5位 珠海
 6位 文字化け
 7位 文字化け
 8位 広州
 9位 バガン
10位 ドラゴンクエスト
11位 ブログ
12位 オーバーパフォーマンス
13位 床屋
14位 上海
15位 文字化け
16位 Ground
17位 検索
18位 Stage
19位 ジョホールバルの奇跡
20位 時系列
21位 シンガポール
22位 The
23位 アーナンダー寺院
24位 売春
25位 文字化け
26位 バタム
27位 Of
28位 バンコクからスコータイ
29位 歌詞
30位 夜 歩き方
 ・
 ・
 ・
以下続く。

何と、2位にヌキ床屋が入っていた(笑)それに13位の床屋も含めればダブル受賞。世間様ではヌキ床屋が人気のようで。予想外の結果に思わずふき出してしまった。
そのヌキ床屋の記事とはおそらくこれこれだ!期待はずれで悪かったな(笑)
ヌキ床屋と同様の意味で売春もランクイン。この記事は真面目に書いたんだっつうの。

旅のキーワードもたくさん入っている。やはり中国、ベトナムが人気のようだが、中にはアーナンダー寺院などというピンポイントなワードも。ミャンマー行きを具体的に考えているのだろうか。良い旅になることをお祈りします。

面白いところで、ドラゴンクエストオーバーパフォーマンスという、どこで使ったのか自分でも思い出せないワードが入っている。自分の意図していない意外なワードで検索にひっかかるもんです。

16、17、22、27位の英単語。これは何かというと、合わせるとStage Of The Ground、bump of the chickenの曲になるんですね。バンプ人気すごいなー。でも当時はメロディーを知らない歌だったんだな。もう普通に歌えるくらい聴きこんだけど。

他の人のBLOGでも「アクセス解析は面白い」なんてことを聞くけど、なるほど納得という感じ。
過去の記事を思い出す良いきっかけになるのかもね。
[PR]
by mlsenyou | 2005-10-20 00:34 | Trackback | Comments(3)
 
都市型災害:水害はバンコクを見習ってみたら?
こないだの台風は被害が大きかった。
現在で、確か死亡者21名不明者6名。ご冥福をお祈りします。
その他にも床上浸水した場所が多々あり、川沿いの家の中には二階まで浸水してしまったところもあるらしい。私の家の前も下水管から水があふれ、目の前の道路はまさに「川」と化していた。もっとも大雨の時はよくあふれるので土嚢などの防水対策は慣れてしまったが(苦笑)

私の家の周辺の場合は典型的な都市型災害だ。
地域環境と自然の変化に今までの下水管が対応しきれなくなっている。
ならば下水管をより容量の大きいものに入れ替えれば良いのだが、入れ替える場所は一箇所だけではないので、ポイントポイントの改善ではツギハギでバランスが取れず、効率的な対策ではなくなってしまう。そうなるよりも、キチンとした計画を立てた上で対策を実行すべきだ。
では、どうするか?ここで一つの提案をする。

バンコクの治水対策を見習ってみたらどうだろう?

以前、バンコクのカオサン近辺にいた時、猛烈なスコールに遭遇した。
それまでにあったスコールの中でも特に強烈な大雨で、まるで爆音かと思うくらいの雨音を立てる勢いのものだった。
「こりゃ、あふれるかな…」
そう思いながら、濡れたリュックを横においてカフェで様子を見ていたのだが、雨が激しく降り続くものの道路は一向にあふれる気配がない。バンコクにはチャオプラヤ河という大きな河が流れており、カオサンはチャオプラヤ河からわりと近い場所にある。それにも関わらず、道路はあふれないのだ。
この時、バンコクの水害対策に感心したと同時に、ウチの前の下水管の脆弱さを情けなく思ったのだった。

今後、温暖化は進み、大雨になる場所と渇水に悩まされる場所の差が顕著になると言われている。現状から推測すると、私の住む関東は(日本は全体的に?)降水量が多くなる可能性が極めて高いだろう。ならば近い将来を見すえて水害対策に本腰を入れる必要があるのではないかと思う。

長い間、バンコクに住んでいたわけではなく、一介の旅行者の実感なので、あの時、バンコクの道路があふれなかったのは、単に偶然だったのかもしれない。
だとしても、バンコクはスコールの多い国の首都。スコールの度に水害に悩まされるのでは首都としての機能を果たせなくなってしまう。なので、大雨による水害対策のノウハウは日本よりも多く蓄積されているはずだ。

だから、都市計画を立てる人たちは今こそバンコクへ。
研修と称した旅行だけでなく、本当に水害対策を考えるためにノウハウを学んできて欲しい。
[PR]
by mlsenyou | 2005-09-09 10:58 | Trackback | Comments(2)
 
三種の神器はどこ行った?
大河ドラマ「義経」を久しぶりに観たら、平家が滅亡してた。こないだ観た時はまだ平清盛が生きてたっていうのに、今は壇ノ浦でみんな入水して命を絶ってます。
滅亡シーンってすごく切ないな…
何やら切なくなり、自然と頭に「祇園精舎の鐘の声」が浮かんできた。しかし「諸行無常の響きあり」までは何とか思い出せたが、その先がよく思い出せない。「ひとえに風の前の塵に同じ」の前は何だったっけ…?小学校か中学校くらいの頃、さんざん暗唱させられたはずなのに!

そんなわけで、続きを知りたくなり、さらに漢文も知りたくなった。

祇園精舎鐘聲 諸行無常響有 沙羅雙樹之花之色 盛者必衰之理顕 奢人不久 只春夜如夢 猛者終滅 偏風之前塵同 (確か教わったのはここまで)
遠異朝訪秦趙高漢王莽梁周異唐禄山此等皆舊主先王政不随樂極諌不思入天下之亂事不悟民間之愁所知士歟者不久亡者也
近窺本朝承平將門天慶純友康和義親平冶之信頼奢心猛事取々社有士歟共親六波羅之入道前太政大臣平朝臣清盛公申人之消息傅承社心言
(もっとあるらしい…)

あと、平家が入水する時にとても気になるシーンが。
入水する時に「三種の神器」を抱えて飛び込んでいるのだ。
確か、三種の神器は天皇の即位の礼で使う道具と思ったが、壇ノ浦で沈んじゃったら、今後の即位の礼はどうなっちゃうの???特に宝剣の草薙の剣なんかは金属だから絶対浮かんでこないでしょ。

調べてみたら、やっぱり同じ疑問を持っていた人がいるらしく、キチンと調べあげてHPに載せていました。詳しくはここここに書いてあります。

今さらながらインターネットってすごい。
この疑問は調べるのが大変。インターネットがなかったら、たぶん放置しっぱなしでそのまま忘れてたに違いない。
[PR]
by mlsenyou | 2005-09-04 22:06 | Trackback | Comments(3)
 
ビデオゲームバトン
大航海時代Onlineにはまっているなむなむ航海記のなむーとさんからご指名いただきました。ミュージックバトンの他にもいろんなバトンがあるものですね。
今はそれほどやらないけど、昔はゲーム好きでした。
ドラクエⅢと大航海時代Ⅲは特にはまってましたね。

■ Total volume of game files on my computer
(コンピュータに入ってるゲームファイルの容量)

コーエーの大航海時代で35Mとなってました。
大航海時代Ⅲはとても自由度が高く、海賊行為や商売、探検など自由にできます。感覚としてはOnlineに一番近いのでは?ちなみにOnlineの体験版をやりましたが、私のPCでは海に入ると毎回やばめのエラーが出てしまうので諦めました…でも、出来たとしたら一日中やってしまいそうなので、エラーが出たのは良かったのかも。

■ Game playing right now(今進行中のテレビゲーム)

ぷよぷよフィーバーです。
携帯ゲームですが。
機種変更したら体験版がくっついてて面白かったのでダウンロードしました。

■ The last video game I bought(最後に買ったテレビゲーム)

ぷよぷよフィーバーです。
面白いけど、連敗するとストレスたまってきます。

■ Five video games I play to a lot, or that mean a lot to me
(よくプレイする、または特別な思い入れのある5つのテレビゲーム)

バルーンファイト(ファミコン)
小学校の時、初めて買った(買ってもらった)ゲーム。
当時はこれしか持ってなかったので、だいぶやりこみました。
自転車走行中に転んで道路に激しく叩きつけてしまったんですが、それでも普通に動いてました。
プラスチック部分が欠けたので、さすがに壊れたかと思いましたが、思っていたより頑丈でした。

テトリス(ゲームセンター)
流行ってましたね。
延々と続く無機質で生産性のない作業でしたが…
レベル99まで行く人がたくさんいたのが驚きでした。私はレベル20くらいで終わってました。
一度60まで行ったときは緊張しました。

プリンセスメーカー2
なむーとさんも挙げてましたね。名作だと思います。
数年間の行いや能力によってエンディングの職業が決まる仕組みが面白かったです。
悪事を働き続けていたら職業が魔王になってしまい、守護神に嘆かれました。
ゲーム嘆かれたのは初めてなので印象に残りました。

あとはドラクエⅢと大航海時代Ⅲです。
大航海時代は先ほどコメントしましたので省略。
ドラクエについては言うに及ばずと思いますので、これも省略。

■ Five people to whom I'm passing the baton(バトンを渡す人5名)

渡す人ですが、ゲーム好きでBlogやってる人っていうと…あまり思いつかないですね。
誰かいたら渡してみます。

※その後、Luna.weblogのluna08さんからOKを頂きました。
でも、5人に渡すのは無理。
どちらにしても、我々で打ち止めになりそうです。
[PR]
by mlsenyou | 2005-07-25 17:26 | Trackback | Comments(2)
 
ミュージック・バトン
バックパッカー日記のyasuda_noriyukiさんからバトンを預かりました。以下の質問に答えて5人にバトンを渡せばよいそうです。

Q1、コンピューターに入っている音楽ファイルの容量
A1、1.43GB@Windows Media Player
   PC使用中に曲をかけっぱなしにしてます。

Q2、今聞いている曲
A2、青い月/ハシケン
   こないだ吉祥寺のライブに行ってハマりました。
   テレビに出ないのであまりメジャーではないですが、
   とても楽しいライブをする人です。
   
Q3、最後に買ったCD
A3、ASIAN BEAT BAZAAR/PANJABI MC他
   那須のアジアンオールドバザールネパール市場「ポカラ」で流れていたCDを
   ノリで買ってしまいました。ふだん聴かないインドチックな曲に満足です。

Q4、良く聞く、または特別な思い入れのある5曲
A4、

 ①はじまりはいつも雨/飛鳥涼
  かなり昔、海辺の民宿でみんなで聴いた曲です。
  「うぉっ!これが青春か!?」と勘違いしたほどの名曲。
  あの頃もバカでした(笑)

 ②Beauty&Stupid/hide
  hideミュージアムの記事でも書きましたが、X世代の私はhide好きでした。
  彼の曲の中で一番好きな曲がこれです。

 ③いつか風になる日/元ちとせ
  何と言うか…失恋とも少し違う終恋ソングになってしまった曲です。
  まあいろいろとありました。

 ④youthful days/Mr.Children
  ベタですが、ノリノリで元気になれる曲で、良く聴きます。

 ⑤Light my fire/Doors
  自分の中での「生き返って欲しいランキング」の上位に位置する
  ジム・モリソン。彼の革命的なバンド。
  でも、生き返ったら生き返ったで彼は問題を起こしまくるでしょう。きっと。

それでは、次にバトンを渡す方々の紹介です。

1.多彩な趣味と小技の持ち主の先輩、luna.weblogのluna08さん。

2.最近脱力する下ネタ記事を連載中の後輩、sweckey blogのsweckeyさん。第1話から読むと大爆笑します。

3.沖縄に帰ってしまったサッカー好き、パイパティローマのtamaさん。

4.現在、中国を旅行中、東南アジア一人旅 32日のnotara08さん。

5.現在、ニュージーランドで結婚生活を送っているNZ引越日記のじゅんこさん。
[PR]
by mlsenyou | 2005-06-20 23:32 | Trackback | Comments(12)


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索
フォロー中のブログ
目次、リンク、プロフィール
エキサイトブログ以外のHP、Blogのリンク

橙色の豚・メイン目次


クリックで救える命がある。


プロフィール
1976年の早生まれ
埼玉県出身。
3年半リーマン生活の後、半年間、中国+東南アジア10カ国を旅する。
最新のコメント
 在ベトナム大使館の記事..
by ジェフ35 at 21:12
とても魅力的な記事でした..
by 株の初心者 at 17:25
なんというか面白い国です..
by 川村明宏 at 01:04
ちょくちょく拝見させてい..
by サトシ at 20:31
あの軍人が言っていたこと..
by mlsenyou at 10:40
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク