+13392
国内外の旅と株投資+その他のBlog。各国の旅や株関係の記事は「メイン目次」や「カテゴリ」、「検索」からどうぞ。

by mlsenyou
 
ベトナムの旅路・目次
~ルート~
 1.中国・河口→ベトナム・ラオカイ(徒歩)
 2.ラオカイハノイ(公共バス)
 3.ハノイハイフォン(列車)
 4.ハイフォンホンガイ(ハロン湾)(船)
 5.ホンガイハイフォン(船)→ハノイ(公共バス)
 6.ハノイフエ(公共バス)
 7.フエホイアン(公共バス)
 8.ホイアンニャチャン(ツーリストバス)
 9.ニャチャンホーチミンシティ(サイゴン)(ツーリストバス)
10.ホーチミンシティメコンデルタ、クチ(一日ツアー)
11.ホーチミンシティ→カンボジア・プノンペン(ツーリストバス)

ベトナム大使館へはここをクリック!

~目次~
 1.国境越えの日2~新しい国~(河口、ラオカイ)
 2.国境越えの日3~アホい稲妻~(ラオカイ~ハノイ間)
 3.サトウキビの幸せ(ハノイ)
 4.冬の食あたり祭り(ハノイ、ハイフォン)
 5.岩より窓(ハイフォン、ホンガイ)
 6.押しの弱さ(ホンガイ、ハノイ)
 7.最終兵器
 8.ホーチミン廟(ハノイ)
 9.大敗北1(ハノイ)
10.大敗北2(ハノイ)
11.大敗北3(ハノイ)
12.宴会(ハノイ)
13.公共バス(ハノイ~フエ間)
14.日本宿の達人たち(フエ)
15.ガス欠(フエ)
16.日本橋のツアー客(ホイアン)
17.就職活動(ホイアン)
18.インスタントラーメン(ホイアン~ニャチャン間)
19.ニャチャン
20.パスポート忘れ(ニャチャン)
21.おい、オヤジ…(ホーチミンシティ)
22.サソリバスター(メコンデルタ)
23.サソリバスター2(メコンデルタ)
24.クチトンネル
25.うっかり写真も送れないぜ。(ホーチミンシティ)
26.戦争証跡博物館(ホーチミンシティ)
27.好きと嫌い(ホーチミンシティ)



カンボジア編
メイン目次

[PR]
by mlsenyou | 2004-11-12 00:24 | ベトナム | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mlsenyou.exblog.jp/tb/46082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fdvegi at 2005-07-20 18:18 x
すいません教えてください。
ベトナム行ってみたいんですが、ベトナムとカンボジアはその度に値段交渉がとても大変、基本的にふっかけてくるから不可欠だし、という噂を耳にしたんですが、印象として実際どうでしたか?
ホテルなんかで交渉するのはいいんですが、食べたり乗ったりの度に毎度毎度しなくちゃいけないとなると、そういうのがいいという人もいるんでしょうけれど、ぼくは楽しさ激減すると思うんです。
よろしくお願いします。
Commented by mlsenyou at 2005-07-21 21:44
>fdvegi さん
ベトナムは普通に数倍(数十倍?)ぼったくってきますよ。東南アジアでは一番ぼってくると思います。でも、それはそれでけっこう楽しいものです。
誰の本に書いてあったか忘れましたが、ベトナムは日本と違って「値札のない文化」なんです。つまり交渉するのが当たり前ということです。
なので、「商慣習が日本とは違うんだ!」と割り切って、値段交渉を異文化コミュニケーションと捉えれば、ストレスを感じずに旅することができるのではないでしょうか。
ベトナムは濃くて懐かしい感じのする国です。
良い旅になるといいですね!
Commented by fdvegi at 2005-07-25 08:19 x
本当にそうだったんですね。。
3分の1に値切ってなお、とは。
一応、マイ適正価格派で、その時はご機嫌なんですが、あとで他の人の値段を聞いたりすると悔しくなるんですよねー。
Commented by mlsenyou at 2005-07-25 18:28
>fdvegi さん
>あとで他の人の値段を聞いたりすると悔しくなる
そういうことってありますよね(笑)
ベトナムでの値段交渉はドルよりドンの方が上手くいくと思いますよ。1ドル=15000~16000ドンくらいなのでバイタクなどは絶対ドンの方が良いです。
<< 次回 好きと嫌い(ホーチミンシティ) >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索
フォロー中のブログ
目次、リンク、プロフィール
エキサイトブログ以外のHP、Blogのリンク

橙色の豚・メイン目次


クリックで救える命がある。


プロフィール
1976年の早生まれ
埼玉県出身。
3年半リーマン生活の後、半年間、中国+東南アジア10カ国を旅する。
最新のコメント
 在ベトナム大使館の記事..
by ジェフ35 at 21:12
とても魅力的な記事でした..
by 株の初心者 at 17:25
なんというか面白い国です..
by 川村明宏 at 01:04
ちょくちょく拝見させてい..
by サトシ at 20:31
あの軍人が言っていたこと..
by mlsenyou at 10:40
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク