+13392
国内外の旅と株投資+その他のBlog。各国の旅や株関係の記事は「メイン目次」や「カテゴリ」、「検索」からどうぞ。

by mlsenyou
 
阪神タイガース上場を考えてみた。
村上ファンドの阪神電鉄株購入が大きな話題になっている。
といっても、話題の中心は電鉄本体というよりもタイガースの上場の是非についてだ。さすが人気球団だけあり、今後の展開を案じる意見が多い。

個人的な考えでいえば、タイガースの上場はした方が良い
理由は後述するが、その前提として、先日行われた村上氏と電鉄の話し合いのニュースを参考にしながら書くことにする。


●村上氏と阪神電鉄~総論賛成、各論反対~

村上氏
彼の目的は投資先の価値を高めた後、売却し利益を回収すること。
顧客の財産を運用して増やすのがファンドの目的なのだから、彼の目的は極めて明確だ。
彼はこの目的を遂行するため、投資価値のある企業=阪神電鉄に注目した。
そして電鉄が生かしきれていない資産を積極的に活用することで、企業価値を高める提案をし、結果としてファンドの利益を上げようと考えている。
問題になっているタイガースは、電鉄の持つ資産の中でも注目すべき優良資産。そのため上場しようと考えている。

阪神電鉄
すでにタイガースのビジネスモデルを構築しており、実際にタイガースは他球団と異なり利益の出せる球団になっている。そのため「物言う株主=村上氏」の突然の出現に戸惑っている。
今回の会談で、企業価値向上についての意見交換をしたようだが、村上氏の提案に対し、電鉄側は具体的な意見を出すに至っていない。タイガースの上場に関しては反対している。
マスコミが報じた買収危機の憶測も会談中に触れたようだが、内容の詳細をマスコミに正式発表していないようだ。ただ、フジ-ライブドア問題のような買収懸念は経営陣の中で薄れたように見える。

…と、現時点で把握できるのは以上のようなことだ。
村上氏は電鉄の保有資産を有効活用し、企業価値を高めることを目的とし(総論)。そのための有効な手段としてタイガースの上場を検討している(各論)
企業価値を高めることは電鉄側にとっても好ましいことなので、それに関しては反対はしていないようだ(総論)。ただし、具体的な案はなく、タイガースの上場に関しては反対姿勢をとっている(各論)
この総論賛成、各論反対の図式、何かに似ていると思う方もいるだろう。具体的な事が異なるので、同列に考えるべきではないのかもしれないが、旧態依然とした側からの発言内容には共通点が多いように思えないだろうか?


●タイガース上場反対に関するファンの意見に関して

ニュースで見る限り、タイガースファンの中には上場反対の人も多くいるらしい。
その理由でよく耳にするのは、以下のようなものだ。
「タイガースをお金儲けに利用しないで欲しい」
「阪神タイガースが村上タイガースになるのは嫌だ」
「タイガースは今のまま変わらないのが良い」
やはりフジ-ライブドア問題でのイメージがついているようだ。また、的外れに思える理由もある。

まず、「タイガースをお金儲けに利用しないで欲しい」に関して。
村上ファンドが単純に投機目的で電鉄株を購入したのなら、この意見は心情面で支持できる。しかし、企業価値を向上するという目的の元に購入したという発表をしたため、心情面でも支持する必要はなくなった。
というのも、企業価値の向上は村上ファンドだけでなく、電鉄や他株主にとっても望ましいことだから。後述するが、もちろんタイガースやファンにとっても望ましいことが多い。

次に、「阪神タイガースが村上タイガースになるのは嫌だ」に関して。
村上氏が否定したため、この理由は意味を持たなくなった。

最後に、「タイガースは今のまま変わらないのが良い」に関して。
こう思う人は、星野体制になって強くなったタイガースも批判しているのだろうか?
変わらないのが好きなら、星野氏が来て様々な面で変わったタイガースも嫌いなはず。彼はタイガースをドンドンと変えていったが、それについては良いのだろうか?
自己矛盾している意見と思うのだが…

それとも彼らが言いたいことは「星野氏が変えたことと、村上氏が変えようとしていることは内容がまったく違う」ということだろうか。そうであるなら矛盾はしていない。
しかし、そうだとしても「変わらないまま」が本当に良いのか。
今回の阪神上場問題を単に「村上ファンドの金儲けの手段」とだけで捉えているのなら、もう少し広い視野で捉えた方が良いかもしれない。


●タイガース上場反対と近鉄バファローズ解散の関係

野球に興味を持っているなら、昨年の近鉄消滅、そして楽天誕生の経緯を知らない人はいないだろう。
あの時、近鉄ファンは懸命に球団存続を訴えていたが、相手にされなかったのだ。
あの件を通じて、プロ野球協会やオーナー、選手、ファンといった立場のどうにもならない「差」を悟った人は多いのではないだろうか。
ファンの声は表向きは大切にしているかもしれないが、実際にはかなり通りにくい。
なぜなら、球団は「子会社」といった形でオーナーのほぼ完全な所有物になっており、ファンの
意見に従う法的な義務は存在しないからだ。
これで分かったと思うが、「変わらないまま」では、ファンの声は球団には届かないままなのだ。

解散の件はあくまで近鉄のことなので、阪神とは直接関係しない。
しかし、タイガースの問題にナベツネが口出すことから分かるように、球団はプロ野球協会と密接に関わっている。そして、そのプロ野球協会は制度が硬直化し、例外を嫌うといった横並び体制が通っている。
もし仮に、近鉄のようなこと解散をいった事態がタイガースに起きたとしたら?それに対してファンの声が無視されて解散が実行されたとしたら、どう思うだろうか?
「仮に」と書いているが、去年、近鉄ではこれが実際に起き、そしてファンの声は無視されている。

「変わらないまま」でいるとどうなるだろうか。
球団の株式上場を否定して法的な発言権がない状態を続ければ、球団の問題はすべてオーナー会議という密室で行われる事になり、、ファンは軽視されたままになるだろう。

では、ファンの意見を通しやすくするにはどうすれば良い?
それは簡単なこと。
球団が法的にファンの声を聞き入れるように変えれば良い。
「球団を上場させる」という村上氏の提案。
これはファンの理想を現実化する手段と思えないだろうか。

株式上場はファンの声を直接伝えられる最大のチャンスだ。
それを「お金儲けは嫌」などという感情論で潰してしまうのは、タイガースを応援するその人自身のチャンスも潰すことにつながる。だから、タイガース上場問題の是非はもう少し広い視野で捉えるべきだ。

以上の理由から、私はタイガースの上場に賛成をする。
以下、タイガースを上場させることのメリット、デメリットを考える。


●タイガース、そして「球団が上場すること」のメリット、デメリット

メリット
・株主は株主総会に参加できるし、議決権の数によっては様々な提案をすることができる。もちろん重要な決定事項に関して意思を伝える事もできる。
・ファンが株式を持てば「球団経営に関わっている」という、これまでと違った喜びが味わえるし、おそらく今まで以上にその球団に気持ちを込められる。
・業績がよければ球団から配当や優待が届く可能性がある。収支に関する報告なども読める。
・上場すれば、必然的に球団は株価対策をとるようになるから、ファンはサービスの向上を期待できる。
・球団は巨額の上場益を得ることができ、選手の年棒や施設の設備、商品開発等を充実させることができる。
・球団は単にオーナーの広告塔ではなく、より多くの利益を生み出せる経営を行うようになる。従って、サービス等の質が上がる可能性もある。
・一つの球団をきっかけにして、プロ野球全体をより良いものに変えていくことができる可能性がある。

デメリット
・投機対象や買収対象となる可能性は否めない。これは上場する限り、どこでも起こりうる問題だ。
・資金力の差によって、勝ち組と負け組の差が現在以上に出る可能性がある。
・倒産する球団が出る可能性がある。実際サッカーでは経営破たんしたチームも存在する。
・他球団へ移籍する選手、OBへのストックオプションの問題。あるいは球団関係者が他球団の株式を持つことの問題。まあ、ストックオプションの買取や株式保有の自主的な制限をかければ済む問題ではあるが。
・株式を持つファンと持たないファンとの間に、発言権や情報取得等のができる可能性がある。極端になれば、「株を持たない者、真のファンにあらず」なんてことも考えられる。

他にもたくさんあるだろう。



※内容の本質が変わらない程度の修正をしました。
理由:修正前の記事(特に後半)は、寝ぼけた状態で書いていたため、メチャクチャな文章になっていたから。

※たまたま「球団消滅近鉄バファローズ名勝負列伝」というページを見つけた。
ちなみにこれもいろいろ書いてある。

※TB頂いたBlogの中に、目からウロコ的な面白い発想をしている方がいた。国内で実行可能かはまだハッキリとわからないが、「Dual Class構造の株式として上場」という手段も考えられるらしい。仮にこれが実現可能なら、両者の意見を調整することができ、かなり良いと思うのだが。(←2006年施行予定の新会社法により「黄金株」として実現可能になるそうです。)



投資関係
[PR]
by mlsenyou | 2005-10-12 04:05 | 投資関係 | Trackback(3) | Comments(7)
トラックバックURL : http://mlsenyou.exblog.jp/tb/3609536
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from フリーペーパー&ネット広.. at 2005-10-12 18:46
タイトル : お金を払って発言することの重み
村上ファンドがなんかかわいそぅ。星野さんも好き勝手言ってるけど、株買ったことあるんだろうかねぇ。 僕の数少ない経験から言わせてもらえば、嫌いな会社の株なんか買わない。株を買うということは人一倍その企業のことを愛しているのである。まして今回の村上ファンド....... more
Tracked from もう書きません【ニュース.. at 2005-10-13 01:05
タイトル : 村上阪神はGoogleになれるか?
さてさて、村上ファンドが阪神電鉄の株を39.77%取得して、 阪神タイガースを株式上場(IPO)する案を電鉄側に提示しています。 これに関してあちこちから猛反発。 星野SDが村上氏一喝  「虎ファンも上場反対」 渡辺会長 村上氏は「インチキ野郎」 <阪神上場....... more
Tracked from 明日への扉 at 2005-10-13 01:27
タイトル : 阪神電鉄vs村上ファンドVol.1
過去、『ライブドアvsフジテレビ』シリーズで一斉を風靡した ライターHiRoNoが綴る『阪神電鉄vs村上ファンド』シリーズ第一弾。 さて、今回の一件をどう見ているのか…... more
Commented at 2005-10-12 07:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sweckey at 2005-10-12 12:39 x
元阪神ファンの後輩です。
はたしてデメリットはそれだけでしょうか?
今現在は「阪神タイガース」というブランド価値があるものの、
星野体制以前にはありませんでした。
今後、体制が変われば、また価値が減ることもあるのではないでしょうか?
価値が下がり、株の投資対象にならなくなり、株価が下がっていけば、球団はどうなるんでしょう?
などなど・・ほかにも多分たくさんのデメリットはあると思います。
長々とコメントしてしまい申し訳ございません。
Commented by mlsenyou at 2005-10-12 21:29
>あかりん
シークレットになってるのはなぜ?
…と思ったらそういうことか(笑)
やってみると面白いと思うよ。
Commented by mlsenyou at 2005-10-12 21:48
>sweckey
本文にも書いたけど、後半は眠くて頭まわってなかったんで…内容ボロボロ(笑)
今ちょっと見たら、「タイガース上場のメリット、デメリット」って書いておきながら、不特定の球団が上場した場合のことも書いてあった。気が向いたら書き直します。
なお、デメリットとしてはこれ以外にも、他球団に移籍した場合の選手のストックオプションの問題や、株式保有の有無でファンの扱いが変わってしまう可能性などなど、いろいろあるよ。
Commented by mlsenyou at 2005-10-12 23:18
少し書き直しました。
Commented by あかりんりん。 at 2005-10-13 02:28 x
そーいうことでーす(笑)
Commented by HiRoNo at 2005-10-13 02:31 x
>sweckeyさん
横レスで申し訳ないのですが、価値が減らないようにするために、
球団全体で頑張っていかなければならなくなる。
その結果、今まで以上に補強が行なわれて『強い阪神』が続く
可能性が高いと私は思いますよ♪
<< 双日~名前は大事さー~ HSBCチャイナオープン~期待... >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索
フォロー中のブログ
目次、リンク、プロフィール
エキサイトブログ以外のHP、Blogのリンク

橙色の豚・メイン目次


クリックで救える命がある。


プロフィール
1976年の早生まれ
埼玉県出身。
3年半リーマン生活の後、半年間、中国+東南アジア10カ国を旅する。
最新のコメント
 在ベトナム大使館の記事..
by ジェフ35 at 21:12
とても魅力的な記事でした..
by 株の初心者 at 17:25
なんというか面白い国です..
by 川村明宏 at 01:04
ちょくちょく拝見させてい..
by サトシ at 20:31
あの軍人が言っていたこと..
by mlsenyou at 10:40
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク