+13392
国内外の旅と株投資+その他のBlog。各国の旅や株関係の記事は「メイン目次」や「カテゴリ」、「検索」からどうぞ。

by mlsenyou
 
フォーリンラブインシェムリアップ
日本人だけが現地人に恋をするわけではない。
現地人が日本人に恋をすることもある。

シェムリアップでの話。
ここでは日本人宿ではなく、普通の宿に泊まる事にした。

幾つかの宿をまわり、最終的に選んだ宿は家族経営の良心的な所だった。
彼らの知っている日本語は「オニイサン」だけ。でも、笑顔を絶やさず親切な人たちだから気は楽だ。
こういう宿を見つけると嬉しくなる。
ちょうどこの宿にはバイクを持っている青年がいたので、アンコールワット見学は彼に頼むことにした。

ちなみにこの青年、性格は一言で言うとアホだ。
バイク走行時にかわいい子を見かけると、必ずスピードを落とし、目の保養をする。
その後「どうだ!」と言わんばかりの勝ち誇ったような顔つきで私を見てくる。
お前の行動は面白いけど、勝ち誇られてもなあ…
彼はこんな行動ばかりとるが、バイクの運転技術はかなり上手かった。
道路のデコボコをたくみに避けながら、どんな道でもスピードを落とさずにスイスイと走っていく。
高い運転技術のバイタクは多いが、その中でも彼は特に優れていたように思えた。

アンコール見物の一日目が終わり、彼と鍋をつついている時、話が好きな女性のことに移った。
聞くところによると、彼は宿に泊った日本人女性と恋仲になったことがあるらしい。
「これが俺の彼女だ」
恥ずかしいけど見て欲しいといった様子で、私に彼女の写真を見せる。
おとなしそうな女性が映っている。バイクで案内している間に仲良くなったらしい。

彼は私を案内中、事あるごとに彼女の話をしていた。
彼女と一緒にいた時のことがよほど楽しかったらしい。彼女と結婚するのが夢だと言っていた。
知り合って一年くらいだが、カンボジアには二度来てくれたというから、彼女もその場の恋ではなくマジメに考えているのかもしれない。

話をしているうちに、彼女から来たメールを見ることになってしまった。
プライベートの話なので、見て良いものか?とためらったが、青年の方は見せたくてたまらないらしい。
そこで彼女からのメールを見ることにした。

「良い友達でいましょう」

英語でそう書いてある。そのメールを一通り読む。
写真のイメージ通り優しい女性のようで、やわらかい文章で傷つけないように書いてある。
しかし、内容自体は「あなたとは付き合えません」ということだった。
丁寧だが見方によってはまわりくどく、何を言ってるのか分かりづらい。こういう文章は日本人以外に通じるのだろうか?
彼の様子を見てみる。
恥ずかしそうだが、ニコニコしている。嬉しいようだ。

やはり伝わってない。

嬉しそうに見せてくれたメールの内容が断りのメール。
案の定、感想を求められた。こんな時、どう答えるべきなのだろうか。正直言って困ってしまった。

一瞬まよったが、こういう事は率直に言った方が良いだろうと判断。
彼に「これ難しいよ」と言ってみた。しかし「大丈夫」の一点張りだった。
たぶん、この女性はもう来ないのだろう。
でも、この青年は近いうちにまた来ると思い込んでいるよ…
信じて疑わない彼の様子を見ているうちに、何だかいたたまれなくなってしまった。

断るときはハッキリと言った方が良いよ。きっと。

ポルポト(シェムリアップ)
カンボジア・目次
b0007425_15272332.jpg

アンコールワットから見下ろす。
[PR]
by mlsenyou | 2004-11-30 08:35 | カンボジア | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://mlsenyou.exblog.jp/tb/1224547
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by せんせぃ at 2004-11-30 12:29 x
まさる28日はありがとう!
シェムリアップの恋バナ、私がシェムリアップでお世話になったガイドさんも同じように日本人女性と恋をしていた・・・
その後、その恋はどういう展開になったんだろう・・・
きになるわぁー
日本人女性も罪な事するなぁ・・・
Commented by mlsenyou at 2004-12-01 10:55
おお、せんせぃ。
川越まで来てくれてスパシーバ。またそのうちおいでー。
せんせぃの会ったガイドさんって実は同じ人だったりして(笑)
Commented by せんせぃ at 2004-12-02 22:01 x
こちらこそ バジャルスタ!
私のガイドさんは「ナイさん」という名前のひとよ
ほんと、良いガイドさんで、アンコールワット遺跡群を自分達だけでまわる10倍以上に楽しめたと思える。

そうそう、さくじつ滋賀県に行く機会があったので、たびそらの三井 昌志
さんの写真展に行って来たよ、よかったー♪
Commented by mlsenyou at 2004-12-04 08:53
たびそらの写真展かー。いいなあ。
まだ行ったことないんだよね。
ちなみにウチのPCの壁紙はたびそらの写真。
Commented by せんせい at 2004-12-16 23:25 x
知ってるヨーーん!行った時見せてもらったやーーん!
カンボジアの記事をよんでると、また行きたくなった、ラオスにも行ってみたいなぁ・・・
Commented by mlsenyou at 2004-12-18 11:50
ラオス良いよん。駆け足だったけどね。
ルアンパバンの夕日は本当に良かった。
<< うろ覚え解説1(シェムリアップ) 空中浮遊(プノンペン~シェムリ... >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索
フォロー中のブログ
目次、リンク、プロフィール
エキサイトブログ以外のHP、Blogのリンク

橙色の豚・メイン目次


クリックで救える命がある。


プロフィール
1976年の早生まれ
埼玉県出身。
3年半リーマン生活の後、半年間、中国+東南アジア10カ国を旅する。
最新のコメント
 在ベトナム大使館の記事..
by ジェフ35 at 21:12
とても魅力的な記事でした..
by 株の初心者 at 17:25
なんというか面白い国です..
by 川村明宏 at 01:04
ちょくちょく拝見させてい..
by サトシ at 20:31
あの軍人が言っていたこと..
by mlsenyou at 10:40
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク